こちら「こどもの笑顔育成協議会」加賀の国より

子どもの幸せ、笑顔のグリーンリボン for Kids Smile SUPPORTER こどもの笑顔応援団、ボーイスカウト応援団。子育て支援。自然体験活動。

一般市民参加プロジェクトです。
子どもの笑顔は周りの大人も笑顔に変えてくれます。
みんな笑顔で幸せに。
子どもの幸せ、笑顔のグリーンリボン
for Kids Smile SUPPORTER こどもの笑顔応援団、ボーイスカウト応援団。子育て支援。自然体験活動。

PR動画。What's BOYSCOUTS



ボーイスカウトって!?何?を動画で簡単に、ご覧ください。

デザインのフル活用です。

※使用しているデザインは、著作権があります。ご注意ください。
※このサイトの画像は、著作権があります。無断使用は著作権侵害となります。

----------------------------------------------------------------
子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」もファンドレイジングです。
協議会横バナ−

http://kidssmile.blog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile.blog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile.blog.jp/archives/65142342.html

2014JOTAJOTI PRE-PR from JAPAN


盛り上げることが大切です。

プレPR動画を作成しました。

2014JOTAJOTI PRE-PR from JAPAN
communicate with Scouts around the world.
A smile will bring many smiles
Meeting you with Fortune & fill smiles with you
Have the bonds with you

youtubeもインターネットです。JOTI(jamboree on the internet)の時代です。

幸運のクッキーと笑顔のクッキーをかけました。繰り返し繰り返しで笑顔のイメージです。

※使用しているデザインは、著作権があります。ご注意ください。
※このサイトの画像は、著作権があります。無断使用は著作権侵害となります。

----------------------------------------------------------------
子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」もファンドレイジングです。
協議会横バナ−

http://kidssmile.blog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile.blog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile.blog.jp/archives/65142342.html

お粗末な顛末。これが子どもへの模範になる?!

ブルータスお前もか!(ラテン語: Et tu, Brute?/Et tū, Brūte?)And you too, Brutus?

JOTA-JOTI(アマ無線とインターネットを使って交流を目的のイベント:毎年10月中旬に開催)

広報は、インターネットで為されています。
http://www.world-jotajoti.info/ https://www.facebook.com/jota.joti.wosm

約2800万人のボーイスカウトの仲間がいます。その仲間と交流、相互理解が目的のイベントです。

昨年もJOTA-JOTIのロゴコンテストが行われました。インターネットで、応募作品を送る。掲示されるfacebookで「いいね」の獲得数と趣旨を理解表現されたデザインが選ばれています。

エントリー(一ヶ月ほど)→優秀デザイン10点に絞り込まれる(公開は10日〜2週間)→そしてベスト5。最優秀デザインから5位まで発表。作者発表、テーマなどの説明もあります。
流れはこちらのアルバムで見られます。https://www.facebook.com/pages/Jota-Joti-World-Logo-Contest/529178817144417?sk=photos_stream

今年はおかしな動きです。説明のないまま時間稼ぎ。
エントリー(一ヶ月ほど)→疑惑の空白の期間(4週間)→いきなりベスト5(7/9)→翌日(7/10)にいきなり1位の発表。作者も不明。

エントリー全作品。
2014jotajotiall


















以下のこれが、ベスト5です。7月9日発表。
2014jotajotiベスト5


















そして、翌日7月10日に1位発表。作者なし、説明なし。そして関連サイトも準備されていたかのように一気に刷新。
疑惑の発表です。
934741_238570419686321_2505111582044258610_n













この経緯に疑問を持った人が多く、その中でも、応募しても公表されていない作品があったようです。
それに憤慨して、抗議文が書かれています。http://scout.org/user/47130
それも、ベスト5になる前に1位はすでに決まっていると内部告発がありました。

出来レースということらしいです。まあ、デザインしなおし、サイトのバナーなどの製作があっという間にですから、だいぶ前に決まっていて、作業していたのでしょう。

この発言にJOTA-JOTI WOSMチームからの説明がありません。憲兵のように追っかけまわして、
メールをよこせの発言のみ。

これでは公募の意味もないですので、以前のようにWOSMでデザインしてこれだとすればいいだけ。

公募は、応募総数、審査員、審査基準、そして順位が公表されるべきです。

勝手な都合で、公募しようとやっても、ご都合で進める。

ますます疑惑が払拭されません。

公明正大に行っていたロゴコンテストが、茶番劇に見えています。
子どもたちへの模範となる組織が、疑惑と不信を抱かせる行動は、

ボーイスカウトは礼儀正しい。ボーイスカウトは誠実である。

これに反した行動です。所詮、他の団体と変わらない利権と都合の集団。

昨年2013年のテーマは「share」でした。交流を友情をシェアということでした。

2014年のエントリーの段階でテーマも示されませんでした。1位が発表の時点でもテーマなし。

子どもにも言えない様な事情を隠さなくてはいけないことがあるんでしょうね。(爆)

どこかも同じようなことがあります。パクリ、業者丸投げなどなど。

嘆かわしいことです。そんなばかげたことは放っておいて。

JOTA-JOTIは、手軽に世界のボーイスカウトと交流できるものです。一部の無線オタクのごっこでもありません。
無線より、インターネットですぐ交流ができます。facebook、 Line、 twitterなどです。大いに世界と交流しましょう。

日本で唯一応募された作品がベスト5(同率2位)です。
2014jotajotiベスト


















エントリーした作品を丸にして、交流のツールとして使うようにデザインしなおしました。

テーマは「交流の輪を広げよう。笑顔でつなごう」です。

子どもたちに多くの交流の機会を与えるのが大人です。一部のオタクではありません。

※使用しているデザインは、著作権があります。ご注意ください。
※このサイトの画像は、著作権があります。無断使用は著作権侵害となります。

----------------------------------------------------------------
子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」もファンドレイジングです。
協議会横バナ−

http://kidssmile.blog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile.blog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile.blog.jp/archives/65142342.html

2014 JOTA-JOTI ロゴコンテスト ベスト5

2014jotajotiベスト5
















世界スカウト機構のJOTAJOTI(アマ無線とインターネットによるジャンボリー(国際交流イベント:毎年10月開催))の世界から応募があったロゴコンテストに私のデザインしたもの(左上)が、最終審査ベスト5に残りました。

これも皆さんのご声援のおかげです。ここにご支援いただいた方に御礼申し上げます。

http://jotajoti.info/news/

https://www.facebook.com/jota.joti.wosm

※使用しているデザインは、著作権があります。ご注意ください。
※このサイトの画像は、著作権があります。無断使用は著作権侵害となります。

----------------------------------------------------------------
子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」もファンドレイジングです。
協議会横バナ−

http://kidssmile.blog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile.blog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile.blog.jp/archives/65142342.html

餅屋は餅屋なんですがね。

CIMG4883
















最近の情けない話。

デザインを軽んずる話が、ありました。

デザインなどは著作物です。発注する、受注に関わらず、デザインした人に著作権があります。

ビジネスでの場合は、使用権を使用範囲を制限して許諾するものです。

著作物の権利は国際的に守られています。

印刷物でも、工業製品でも、浮世絵でも、友禅着物でもデザイン、レイアウト、友禅作家などがおります。

デザインされたものを、製造する製造業者がいます。

「・・・製造業者とは話するが、デザイナーとは話しない・・・」という発言をした方がいます。

何の話をするのでしょう?製造金額だけの話でしょうか?金儲けか?

ここにあげた、ワッペン、缶バッチなどのデザインは、製造工程を考えてデザインしたものです。

どこを刺繍にするか、どこをヒートプレス(染料のインクジェットプリントのようなもの)にするかを考えてデザインします。

デザイン=絵ではありません。デザインは製品となるまでのことを考えて、使用される目的を考えて「計画」することです。製造の知識も必要です。

ワッペンは、デザインをそのワッペン屋さんに、任せても思うようなものはあがってきません。

漠然とした言葉ではなおさらです。

デザインは、その漠然とした言葉を視覚として置き換えます。言葉の秘めているイメージをより具体的な視覚として表現! これがデザインです。

CIMG4858
















既存のデザインされてしまっているものに、便乗のデザインを施しても既存のデザインの力が大きいですから、便乗のデザインは、色あせて見えます。また既存のデザインがさらに知名度がアップするお手伝いをしているようなものです。

有名なタレントさんを使ってCMは、その類のものです。キャラクター商品も同様です。そのバリエーションです。

デザインにおいてその製造を考えて、デザインする。そしてその表現どおり製造されているかをチェックする。

建築でも、建築設計士がいて施工する工務店がいます。施主は設計士と話、相談して具体的な建物にしていきます。設計士と工務店は施工(製造)する上で、施主との打ち合わせの設計図面(デザイン)を元に専門的な技術で建物へと換えます。建築家が、工法も考えないで、設計図を書いても建築物に変わりません。

デザインも同じように、印刷物であれば印刷屋、バッチであればバッチ屋、ワッペンであればワッペン屋さんへその表現を支持します。素人が直接、印刷屋、バッチ屋、ワッペン屋へ依頼しても、必ず「デザインは?」

大量に印刷する場合は、印刷機に。バッチはバッチの機械に、でしょう。

デザインを任せる場所ではありません。できるところもありますが、

デザインを絵としての理解程度です。

そこで、「任せます」という曖昧な言い方は一番危険です。人の思いはなかなか伝わりません。

そのために、デザイナー、設計士などの専門家がいるということです。

デザイナー、設計士は、必ずヒアリングの作業から、製造のノウハウとどう組み合わせれば一番良いか、
コストもベストかということも考えます。絵柄だけのデザイナーもいますが。

工務店、印刷屋、ワッペン屋はその長年の経験で、デザイン、設計図の意図を理解して、よりいいものに技術を活かすことができるところが、お互い餅屋は餅やです。

その製造される前のデザイン、設計図は、著作物です。

使用は、製造の範疇です。

これが著作権と使用権。

その著作権は、意匠権、商標がらみのものもあります。

よき社会人と言っているどこかの組織が、一番常識がないようです。(爆)

発注もしていないものを、発注しません!  ????

※使用しているデザインは、著作権があります。ご注意ください。
※このサイトの画像は、著作権があります。無断使用は著作権侵害となります。

----------------------------------------------------------------
子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」もファンドレイジングです。
協議会横バナ−

http://kidssmile.blog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile.blog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile.blog.jp/archives/65142342.html

視聴率効果は?深夜帯では、誰が見ているのでしょう??

昨年2013年10月31日にテレビ朝日系列「アメトーク」でボーイスカウトが紹介されました。
動画はサイトから削除されています。
http://blog.goo.ne.jp/bsmatto/e/03a65e7c7924b08d34018a7528b9899f
アメトーク


















2014年6月23日深夜日本テレビ系列「月曜から夜ふかし」でボーイスカウトが5分ほど紹介されました。
ボーイスカウトについて調査した件 
主な内容は、「現在人数が減少しているボーイスカウト。名前は知っているがどんな活動をしているのか?」
下の記事の中ほどに動画をリンクしてあります。番組始まり14分あたりから、19分あたりまでです。
http://blog.goo.ne.jp/bsmatto/e/485533a92d83266688fcab480a350c30
月曜












内容的に昨年のアメトークと変わりない感じです。30分を5分にまとめた感じがします。

一つ疑問が! いづれも深夜番組です。 誰が見るのでしょう?

ターゲットは子育て真っ最中の30代前後のおかあさん、おとうさんです。

生活サイクルから想定すると、その年代の保護者は睡眠中では?

子どもたちに興味を持たせるなら、夕方のアニメ放送時間帯。日曜日の朝の戦隊ものとアニメの時間帯でしょう。

アメリカ連盟でのCMがYoutubeにアップされています。テレビでも流れたそうです。
内容はわかりやすく、ボーイスカウトの素晴らしいと思わせる内容です。
シリーズで何作かあります。
http://blog.goo.ne.jp/bsmatto/e/98ffa0f44d658e36e9aad147e528a803

ボーイスカウトを知ってもらうということでは、前述の番組は「やらないよりは、やったほうがいい」ですが。。。

効果は果たして疑問ということが否めません。

地域で、自ら広報のインフラ整備をして受け入れ準備をすることが一番大切です。
http://kidssmile.blog.jp/archives/65790924.html

番組を見て、「人は人が集まるところに集まる」式になるのでしょうか?夕方のワイドショーなどにアップでも深夜よりは効果があるでしょうね。
http://kidssmile.blog.jp/archives/65792367.html

行政の広報紙などに掲載。希望者の方に「ボーイスカウトって!?」きちんと説明できることも整えないと

相乗効果が生まれないでしょうね。

----------------------------------------------------------------
子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」もファンドレイジングです。
協議会横バナ−

http://kidssmile.blog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile.blog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile.blog.jp/archives/65142342.html

便乗が便乗になればいいが、所詮借り物。素朴な疑問からが発端。

CIMG4858
















【原点はオーエンくん】

素朴な疑問からが発端。ボーイスカウトにキャラクターがいない。

それとボーイスカウトが知られていません。

死語になっている「ボーイスカウト」(知っているのは業界人だけ) 

2009年1月に「ボーイスカウト応援団」 http://kidssmile.blog.jp/archives/65142342.html として発足。

今のデザインと「オーエンくん」として応援のキャラクターとして誕生したのは2010年春ごろスカウトSNSです。

15NJでデビュー。2011年東日本大震災に最初のグッズ、オーエンくんピンバッチを製作。

そしてボーイスカウト応援団から「こどもの笑顔育成協議会」へ。

子どもたちを応援するキャラクターになりました。
http://kidssmile.blog.jp/archives/65698059.html

ワッペン、リーフリング、缶バッチ、ピンバッチ、焼印、刻印と表現も、ポーズのバリエーションも増えています。

広報のキャラクターへと育っています。

借り物のキャラクターは、所詮、元が有名になるだけです。ゆるキャラもブーム。

キャラがコスプレしても、そのコスプレが有名になるのでなく、キャラクターの個性が強いためキャラクターがますます有名になるだけ。著作権料まで払って便乗しても、元は取れません。

(サンリオが、熊本が。。。です。便乗で便乗できればいいのですがね。増えていますか?加盟員)

----------------------------------------------------------------
子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」もファンドレイジングです。
協議会横バナ−

http://kidssmile.blog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile.blog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile.blog.jp/archives/65142342.html

アクセス、検索にお答えして

images (2)












指導者不足での故、「リーダー大募集!」http://kidssmile.blog.jp/archives/65458612.htmlへのアクセスが増えています。

記事をリニューアルいたしました。

また、広報関係の記事はfacebook非公開グループで紹介しております。
「ボーイスカウト指導者の本気で実践広報!全員が広報マン講座」
https://www.facebook.com/groups/BoyScoutPRLecture/

広報ツールの記事は、同じくfacebook非公開グループで紹介しております。
「ボーイスカウト大好き!広報支援オーエンくんします。」
https://www.facebook.com/groups/ScoutsGoods/

非公開の理由:一般の方に身内の愚痴、便所の落書きは、見られたくないですね(^^;)
一部はこちらのブログにも書いています。

最近のアクセス頻度の高い記事は、カテゴリのボーイスカウト応援団。
http://kidssmile.blog.jp/archives/cat_60243596.html

いいことを捨てて、新しいものを云々?!

night-can
















※使用しているデザインは、著作権があります。ご注意ください。
※このサイトの画像は、著作権があります。無断使用は著作権侵害となります。



以前書いた記事に、「騎士道、武士道。紳士たれ。」http://kidssmile.blog.jp/archives/65724331.html がありす。

2つのデザインでボーイスカウトの創始者の残した言葉を視覚的に表現してみましたが、

気になっていたものです。
--------------------------------------------------------------------
創始者B-Pの言葉。
"Rovering To Success"作: ベーデンパウエル(1922年)訳: 中村知 抜粋: Otto&Company

サムライというのは、1500年の歴史を持つ日本の騎士のことである。

わが中世の騎士とよく似たものであった。

彼らの指導理念は武士道といい、その中で武士は次のことを奨励される。

富の代わりに貧虚飾の代わりに謙虚 広言の代わりに慎み 利己の代わりに無私 

個人の利益の代わりに国の利益それに加えて、個人の勇気、剛毅、忠誠、自制、および純潔を重んじた。
-------------------------------------------------------------------

騎士道と武士道。

共通する言葉は、日本語では五常。「仁」「義」「礼」「智」「信」を指す。

儒教で説く5つの徳目。

多くの先人、吉田松陰、山岡鉄舟、西郷隆盛など多くの武士が修行し求めた、最高の心の置き所としたのが「至誠」でした。(至誠の至は極めるの意味)

ボーイスカウトは、からだを強くし 心をすこやかに 徳を養います。

その徳です。そして、三綱(君臣・父子・夫婦間の道徳)「孝」「悌」「忠」の実践。

ボーイスカウトの考え方のルーツを視覚的に表現。

制服云々の論議の前に、いろいろなものを捨て去っています。

スカウト杖もその一つ。スカウト杖(すかうとじょう)を持って、ハットをかぶるのが、昔は正装とされていました。

アメリカでは、それに付けるものも今も販売されています。
http://www.moonstar.com/~pmicken/scout2.html

なんでもそうですが、知識でなく知識を活かして、知恵。

いいことがまだまだありました。チーフの先端を結ぶのもそうです。

日々の善行への戒め。「五省」に通じます。http://kidssmile.blog.jp/search?q=%B8%DE%BE%CA

言い方が変われども、本質はいつの時代でも同じです。

一つのフィルターで何でも見ないことです。

----------------------------------------------------------------
子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」もファンドレイジングです。
協議会横バナ−

http://kidssmile.blog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile.blog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile.blog.jp/archives/65142342.html


青春が原動力!見て早合点は、オタク!

青春1
















この言葉を見て、ボーイスカウトや!って方は早計な方です。

どこかの御仁はスカウティング、ベンチャー、ボーイに指導する内容とうんちくをのたまう?

指導者に求められるものです。

(by B-P)・・・has simply to be a boy-man・・・have the boy spirit in him・・・童心の大人、少年の心を持つ。

額面どおり受け取るのでなくよく考える。

あなたの青春度は? 広報も青春度が伝わってこそです。

自分が持ってこそ、子どもたちに要求できるのでは? それを一般の方が見ています!!!

http://planninggex.blog.jp/archives/51773444.html

活気ある活動に向けての広報 再掲載

1宣伝で無い





563897_456385454380507_1710480557_n




















こちらの記事へどうぞ。
リンク先も修正。
http://kidssmile.blog.jp/archives/65583376.html

人は「人が集まる所」へ集まる 「同調行動効果」
人間はほかの人と同じような行動をしようとする。

人は「快適な所」へ集まる 快適とは?

人は「噂になっている所」へ集まる どんな噂?

人は「夢の見られる所」へ集まる 夢は?

人は「良いもののある所」へ集まる 良いもの?

人は「満足の得られる所」へ集まる 満足は?

人は「自分のためになる所」へ集まる 自分のためになる?

人は「感動を求めて」集まる 感動は?

人は「人の心を求めて」集まる 心は?

それと

人は「自分の存在感を認めてくれるところに」人は集まる。


こんなお話

アメリカの都市のある大銀行の預金窓口での微笑しくも奇異なる現象です。

古い歴史を持つこの銀行の窓口は2Fまで吹き抜けの高い天井で、ホールは大理石の柱と床で広々として、映画のシーンで見られる荘厳な雰囲気です。

預金窓口はその広いホールの右側にあり、預金者のために七ツの窓口が開かれています。

窓口には1番から7番まで番号が打ってある。

この話をしてくれたのは、この銀行を週1回程度利用している人なのですが、いつも2番の窓口だけに長蛇の列があるのだそうです。

そしていつだって1番も3番以降の窓口も1人か2人の客しかいない。

ある時その人は隣の3番窓口で早々に用を済まして、2番窓口に並んで待っている1人の婦人に、そっと聞いてみたそうです。

「この2番の窓口は何か特別な窓口なのですか」と。

するとその婦人は、「はい、特別な窓口ですよ、私にとって」とにっこりしながら短く答えます。

「私にとって」というのが気になったその人は、「あの窓口の人は、ご親戚かお知り合いの人なのですか」と聞きます。

答えは「いいえ」です。

そして婦人は静かにこう言うのだそうです。

「あの窓口の人、とても好きなの。いつだって私の名前を間違えずに呼んでくれるし、しかも何度も私の名前を言ってくれるヮ。

3週間前に来た時だって”ご主人様のご病気如何ですか“って聞いてくれるの。病名だって、私が言ったのをちゃんと覚えていて。」

入隊へのプロセス 研修所、実修所では教えてくれない!

隊、団の運営とボーイスカウトの内容には、研修所、実修所などという講習があります。

資格でも何でもありません! 奉仕するために、どれだけ理解をして行動のきっかけの講習です。

でも、加盟員が全国で減少してきています。何年も前から言われてきました。

内的な抜本的な要因を、知る、認めることを自覚しなかった結果にしか過ぎません。

責任を転嫁する外的要因は、

よく言われる少子化、

他団体などの選択肢が増えている。

子どもが、そろばん、習字、学習塾、習い事、スポーツ少年団、部活などで忙しいから。

そうなんでしょうか?

子どもたちに「何を!」してあげられるか!社会的に認知される目的を明確にする!

これしかありません。

広報宣伝のためのノウハウ、マニュアルもありません。

フランチャイズなどのビジネスでは、本部が加盟店に対しての各種マニュアルでサポートをします。

立地状況の選定から、販売のためのノウハウ、商品の選定、接客マナー、販促ツールの拡充、宣伝などです。



では、ボーイスカウトの形態は? 自分たちで実情に合わせて各自でがんばってね!。。。?

活動プログラムのための基本マニュアルは、あるようでありません。研修所で学びましょう?

でも、もっと具体的な事例をあげたり、ノウハウは実修所? いいえ。あるようでありません。

学校の教育では、学習指導要領があります。 教育規定集はあっても、組み立て方は書かれていません。

儀礼もきちんとしていない隊も、まだまだ多くあります。子どもたちが騒いでいても制止して、聞かせることを指導もまちまち。
スポーツ団体、習い事、塾などのほうが、できています。

広報宣伝も、アメリカ連盟のようにCMを作って放映するわけではありません。Youtubeでありますが。。。

アクセスは、ボーイスカウト関係者がほとんど。

ポスター、チラシ、Q&Aもありますが、知らない人向けではありません。

ある程度ボーイスカウトの知識を持って見たり、読んだりすると理解できるものばかりです。

これでは、せっかくの良い運動、活動も知ってもらえません。

既存の周知の思い込みと、現実の入ってほしい方の現状の把握とのギャップが大きいということです。

どこかの誰かがFaceBookで言っていました良い意見も疑問の発言もすべて「便所の落書き」「犬の遠吠え」だそうです。
これが体質。

どこかの方は、お得意のネットの仲間に聞けば!と。

また、どこかの誰かが言っていましたボーイスカウトの指導者は「お人よし、物好きでないと出来きない」って。

便所の落書き、犬の遠吠え、お人よし、物好きからの「入隊へのプロセス」です。


※使用しているデザインは、著作権があります。ご注意ください。
※このサイトの画像は、著作権があります。無断使用は著作権侵害となります。

入隊へのプロセス

















1.インフラ整備が第一歩です。

(活動)プログラムの精査、儀礼の徹底、制服の着こなし、ビーバー、カブの活動の露出と見学体験の受け入れ体制、年間プログラムの作成、活動写真の撮影など

(広報)情報発信のためのブログ、HP、FBなどのネットの整備。入隊案内所の設置、ポスターの掲示、掲示場所の確保とこまめな張替え。入隊資料の整備、説明チラシ、費用、手続き書類など

2.アクション-1
普段の活動が一番です。入隊イベントでの「あそび」感覚、無料の飲食は、安近単の方を増やしても、入隊につながりません。安価でも有料。そしてキチンと説明案内出来ることです。

入隊案内所のどこ・場所、担当・誰、電話番号、いつ・時間帯を明示。ポスター、入隊案内所を表示。入隊案内所にキチンと説明資料を置く。
CIMG4534
















画像は、参考です。入隊案内所の表示。入隊案内所、公民館などに掲示するポスター、簡単な説明パンフ。
入隊案内所への問い合わせがあった場合にも説明できる「ボーイスカウトって!?」
まずは、注目させる!そして関心へ。

3.アクション-2
問い合わせ、関心のもたれた方に、さらに理解していただく資料。そして見学体験へのお誘いです。
ネットでも案内をしておく、予定表。見て、確かめて、比べてもらう!
比べられてもいいように、前述のインフラ整備は必須です。

ここであわてて、口で説明しなければならないような資料を渡したり、郵送しても、ゴミ箱行きです。
CIMG4535

















4.アクション-3
見学体験していただいた方で、関心をもち、興味を抱かれた方に記憶に残していただくために、詳しい入隊の必要書類と、見て、体験で予備知識を持っていただいているのでやっと、どこかのパンフ、Q&Aがここでやっと理解できますから、お渡しします。
CIMG4536

















問い合わせの段階で決してあせって、いろいろ渡しても無駄になります。

イベントは、即入隊につながりにくいです。100人来場があって、1〜2名でよかった良かったでは、労多くして継続するのがいやになります。

イベントは、あくまで潜在的な需要の喚起!理解をしていただく機会として考えるのです。
イベントで入隊される方は、予備知識がある程度ある方か、衝動的な行動と考えるべきです。

殿様商売をいつまで続けますか? へっへぇ〜〜〜って。

もっと、詳細に書くことがいっぱいあります。

他人任せにしない!あなた自身が広報マンです。

ご質問などが、ございましたら、
「ボーイスカウト指導者の本気で実践広報!全員が広報マン講座」
https://www.facebook.com/groups/BoyScoutPRLecture/ まで。

----------------------------------------------------------------
子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」もファンドレイジングです。
協議会横バナ−

http://kidssmile.blog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile.blog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile.blog.jp/archives/65142342.html

普段の活動が広報!

P1070903
















広報として、活動が一番のベースです。

ボーイスカウトを知らない方に理解していただくために、情報を発信(ポスター、チラシ、HP、ブログ、入隊イベントなど)されていると思います。

なかなか理解されないのが、現状ですね。

そこで、なぜ理解されないか検証されていますか?

明確な方向性を示さないからです。子どもたちを預かって、どう子育てのお手伝いをしていくかを噛み砕いて発信しないからです。


イベントは、どうしてもアピールだけになってしまいます。制服の集団(スポーツクラブもユニフォームなんですがね)、なんかゲームしてる、食べ物がある、安近単で無料で遊べるイベントに受け取られます。

イベントが悪いとは言っていません。イベントをボーイスカウトを理解してもらうものに裏づけの情報発信が必要と言うことです。

HP、ブログも活動事後報告になっています。

その事後報告に目的の解説を一言加筆するだけで、保護者、入隊希望の方に活動が理解されるでしょう。
決して業界用語は使わないのが鉄則です。

プログラムは、メインの活動が主の表現になってしまっています。

儀礼(国旗、隊旗掲揚、連盟歌、あいさつ、褒章授与、隊長の一言:ボーイではスカウツウォン、)から、プログラム導入へのソング、ゲーム、プログラムの説明諸注意、そして活動、振り返り、閉会の儀礼(あいさつ、ほめる、振り返り、次回への期待の案内)までこれ全部がプログラムです。

このプログラムを事後報告でキチンと表現。

そして何のためかを説明していくことが、地味ですが、ボーイスカウトを理解していただく近道です。

HP、ブログの表現を見直しましょう!!!


プログラムを進める上で、何が最少必要要素か?制服をキチンと着こなす。

制服の改訂が話題になっていますが、だらしくなく着ていたり、記章をキチンとつけていなかったりでは、どんな制服になっても同じです。

指導者でも、BS講習会の記章の横に研修所の記章を着けている方がいます。情けないことです。


スマートな身だしなみ、あいさつ、儀礼から儀礼までのプログラムがあってこそ、活動です。

そして、その活動もゲームと同じようにルールを守ってこそ、楽しいのです。
 
大きな目的は「より良い世界の創造(世界スカウト機構)」です。

そのために、清掃、植樹、省エネなどの環境、慈善活動、自立自活できる技術を持って自発を養う。ここからずれると、枝葉末梢に陥って、誤解を招く結果になります。

招いた結果が、数字となって跳ね返ってきています。

チチパッパとビーバーを幼児扱いしたりなども同じです。子どもは大人の考えるより成長しています。
成長しようとしています。

画像は、儀礼の一コマです。人の話を聴く姿勢ができている子ども、なんで立ってこんな姿勢しているんだろう?

いろいろなボディランゲージを子どもが発信しています。そのボディランゲージを汲み取って、指導する。そんなことも結果、広報につながっていくのです。

年度の前半、研修所、実修所が多く開催されます。

なんかのプロフェッショナルになってこれる?、偉くなれる?と胸の記章にこだわって行かれるなら行かないほうがいいでしょう。 誇らしげに、人を見下した言動が増えるだけ。

また、何か答えがあると思っている方は勘違いです。きっかけにしか過ぎません。


どこかの方は、ネット仲間に聞けば!って。(暴言)

広報は地味です。

広報をするための活動そのものを人数の多い、少ないに関係なく、しっかりさせないと、広報していく上での支援に材料になりません。
インフラ整備の一番です。入隊案内所、ポスター、チラシを支えるものです。

インフラ整備のノートドキュメントはこちらです。
https://www.facebook.com/note.php?note_id=308001382623572

http://kidssmile.blog.jp/archives/65665004.html

----------------------------------------------------------------
子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」もファンドレイジングです。
協議会横バナ−

http://kidssmile.blog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile.blog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile.blog.jp/archives/65142342.html

行動を誘発するために!

AIDMA
















言葉を知っていても、行動を起こしてこそ有効に働き、長所も短所もわかるものです。

行動(ここでは入隊)につなげるために。

Attention(注意) Interest(関心) Desire(欲求) Memory(記憶) Action(行動) 俗称アイドマ。

「認知段階」認知のためには、ポスター、ネット、広報紙での情報発信→「感情段階」行かせて見たい、なるほど、やってみせるか!のニーズをキチンと把握→「行動段階」がっかりさせないために、見学体験のフォロー、プログラムの精査 のステップを進めるものです。

また、電通などによりネットでの行動パターンは、Attention(注意) Interest(関心) Search(検索) Action(行動、購入) Share(共有、商品評価をネット上で共有しあう) 俗称あいさつ。

これを、文章で表現してみると。

(魅力あるプログラムで)ひきつけて、子どもにいいかもと興味を持ってもらって、参加したいとニーズを満たし、何度も繰り返し情報発信して、入隊していただくということです。

(魅力あるプログラムって?)
そこで、何で「ひきつけるか?」きちんとしたプログラムです。おまけお土産ではありません。一過性のイベントではありません。
どんなニーズ?募集対象の保護者が自分の子どもに身に付けてほしいものを把握すること。

子育て真っ最中の欲求は?

また、入隊案内所、ホームページ、ブログ、FBページなどのネット環境も整備して。

入隊案内所で気にかけてもらって、情報のこまめな発信、提供、啓蒙をして、ネットで検索しやすいキーワードをテキスト系で表現。(ボーイスカウトで検索はほとんど業界人!) 問い合わせで行動を喚起、そして友達、ご近所の方を誘っていただく。

この法則を実施するためには、広報のインフラ整備(以前から何回も書いています)です。

ポスター、説明資料などのツールも必要です。ポスターだけでは、ネットだけでは行動につながりません!
(記事内の検索でヒントがいっぱい)
----------------------------------------------------------------
子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」もファンドレイジングです。
協議会横バナ−

http://kidssmile.blog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile.blog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile.blog.jp/archives/65142342.html

不可能を可能に!?

1CIMG4263












不可能とあきらめる前に、どうすれば可能になるか?

ビジネスでも何でも、不可能と、諦めてしまえば結果は「不可能」。

不可能を可能にするためには、どう考え、どう行動すればいいか?

当たり前のことです。当たり前のことを当たり前にするために。

持てる資質を確認。そして賛同者を得るために受け入れるところに、こまめな情報発信です。
------------------------------------------------
(参考)こんな記事を見つけました。
中に書かれているのに「・・・こまめに更新されているHPがある団はしっかりしている団が多いです・・・」ですって。
------------------------------------------------

受け入れないようなところに力を注いでも、労力が倍以上必要になります。

周りをよく見渡して見ましょう。

また、受け入れるところは意外と近い場合と遠くにある場合があります。

『山から遠ざかれば ますますその本当の姿を みることができる』   アンデルセン

商品などで、地元のものが東京、外国で流行っているから、

地元のものに「そんなものがあったの?」この発想も必要です。

案外と灯台下暗し。
----------------------------------------------------------------
子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」もファンドレイジングです。
協議会横バナ−

http://kidssmile.blog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile.blog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile.blog.jp/archives/65142342.html


死語に疑問を持たせても。。。きっかけなんですから

FBで、ある画像が掲載されていました。

使われている言葉「ここでしか、学べないことがある」

。。。。

だから?何が?って疑問を抱かせるだけ。

前提にあるのは、ボーイスカウトを知ってるだろ! だからすごいんだからっていうコピー。

その言葉でダミーですが作ってみました。

01ここでしか?
















どうですか?

写真を習い事、塾やスポーツ団体の募集に入れ替えても使えます。(爆)

周知されていることならイメージ戦略もありですがね。何度も言います!それ以前ですから。

ボーイスカウトを知ってもらうことが、最優先の課題です。ボーイスカウトは死語になりつつあるのですから。

まず、「ボーイスカウトって!?なに?」を広報することです。
CIMG4198
















ボーイスカウトってなに?を歴史から目的、活動などを簡単に説明したものです。

班制度、進歩制度は、知っていただいてからの説明です。

ボーイスカウトってなに?を理解されないまま、班制度がどうの、進歩制度がどうのこうのと言っても、聞かれる保護者には伝わらないでしょう。

ボーイスカウトを知っている人だけ入ればいいじゃん!

って、言われる?増えていますか?中途退団ゼロですか?

ボーイスカウトって!?http://blog.goo.ne.jp/bsmatto/e/17a7dcef4427cebc7c07c248b589b56f

『山から遠ざかれば ますますその本当の姿を みることができる』   アンデルセン

辞められた方のほうが、その悪いところ、いいところをご存知です。
----------------------------------------------------------------
子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」もファンドレイジングです。
協議会横バナ−

http://kidssmile.blog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile.blog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile.blog.jp/archives/65142342.html


ボーイスカウトって!?

CIMG4173
















ボーイスカウトを説明するときその目的、目指すものを明確にしないと、ぼやけた、わかったような理解してもらえないものになりやすいです。

いいことだけど。。。何がどうなるって?疑問が残ってすっきりした感じになりません。

もっと基本的なイメージを伝達しないと、相手に伝わりません。

業界用語も使わず、余計な説明をしなくても、見てイメージ、短い文章で読んでイメージで伝わらないものかと。

どこかのものは使いにくく、説明が必要。置きっ放しでも、イメージを抱いてもらえるものが必要。

他補足説明、詳細はネットで確認していただく。

CIMG4172
















先日こんなことがありました。
呈のいいお断りの言葉です。

「・・・信念に賛同するのですが、隊員数が少ないことが理由です。・・・・」

人数の多い、少ないに活動の良し悪しがあるのでしょうか?

それ以前です。

目的に沿ったプログラムをキチンと子どもたちに提供しているか否かです。

ややもすると、目的を見失った表現で、ブログ、ホームページに書かれています。

こんなこと。
ビーバー部門をターゲットに募集するときに「あそぼう」って言葉を多く見ます。「あそび」を通して何を体験させられるのか明確に情報発信していないのでは?
ビーバーは赤ちゃんではありません!

それも減っている原因のひとつです。

次のステップのカブ、ボーイへとつなげていく。

今一度、目的を一般の方に正しく情報発信することが大切です。

ボーイスカウトって!?http://blog.goo.ne.jp/bsmatto/e/17a7dcef4427cebc7c07c248b589b56f

活動する人数に関係ありません。参加する人数が多いからいい?少ないからダメ?

主役は子ども! 大人の都合で振り回していませんか?

----------------------------------------------------------------
子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」もファンドレイジングです。
協議会横バナ−

http://kidssmile.blog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile.blog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile.blog.jp/archives/65142342.html

ファンドレイジング、手法や資格ではありません! 自発行動です。

katie-francis-cookie-girl-scout












ケイティー・フランシスさん=KFOR提供、CNNニュースから

「小6女児、クッキー販売で世界記録 米」

ニュース記事をお読みください。

アメリカのガールスカウトの活動です。慈善ではありません。

活動資金を得るために、毎年3月はクッキーを販売します。

日本ではこういった「寄付の為の商品」ってあんまり見ませんよね。

このガールスカウトクッキーは、このシーズンしか買えない物。ファンドレイジングの基本になっていて、ボランティア活動を支えるものです。

日本では単に寄付では、ファンドレイジングは成功しません。
http://www.cnn.co.jp/fringe/35045680.html?fb_action_ids=690012437722868&fb_action_types=og.recommends&fb_source=aggregation&fb_aggregation_id=288381481237582

ガールスカウトクッキーは、アメリカのガールスカウトの主力ファンドレイジング活動。

指定されたクッキーを、ガールスカウトが親戚、友人、職場、近所の人々に販売する。売上げ目標を設定したり、グループごとにリーダーを中心に協力して活動することで、ガールスカウト精神を育てる。

たくさん売上げた人には Award が待っているのでやる気も十分!

参考のブログ
http://shinasfo.exblog.jp/17273214/

大掛かりで、習慣化している広報ですね。日本では定着していないファンドレイジング。

協会もあるようですが、寄付してってただ言っていてもねえ。手法の講習や資格まで? 

誠意と情熱ですがね。

基本はボランティア。進んですること。

教育といいながら、教員免許はない! 資格でもない勘違いの研修。

そんなものにこだわる大人。

勘違いの資格が左右する世界でもないのに。

クッキーメーカーの協賛があります。8種類のクッキー。レシピはガールスカウトだけ使用。3月限定。

日本にこのような考え方が定着しない?

ファンドレイジングとは?(ウィキペディアより)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B0
----------------------------------------------------------------
子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」もファンドレイジングです。
協議会横バナ−

http://kidssmile.blog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile.blog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile.blog.jp/archives/65142342.html

追い風ととらえるか?おごり高ぶりの態度か?

01道徳小中
















この画像(クリックすると大きく見れます)は、文部科学省の「道徳教育」のページで紹介されていた道徳の教科書の1ページです。

小学校1〜2年、小学校3〜4年、小学校5〜6年、中学校と区分されています。

業界人は、これを見て「ほら!ボーイスカウトで言っているやってることや。だから、ボーイスカウトはすばらしい!」って

この手の発言は、暴言に等しいです。

おごり高ぶりからくる言葉にしか受け取られません。

道徳を理解して、実践していますか?

これを読まれている方自身が、徳を養って、身に着けていますか?

「なあんだ、そんな程度か!」って陰口言われないように、襟を正して律することです。

お題目大好きな忘八 http://kidssmile.blog.jp/search?q=%C8%AC%C6%C1もんが多いから。。。

言葉での「徳」はいくらでも言えます。実践あってこそです。

道徳
道徳とは http://kotobank.jp/word/%E9%81%93%E5%BE%B3
国語辞典から道徳 http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/156529/m0u/

----------------------------------------------------------------
子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」
協議会横バナ−

http://kidssmile.blog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile.blog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile.blog.jp/archives/65142342.html

Never forget! 忘八?! 行動という前にやって見せて!

01できること














Messengers of Peace ACTION

※Messengers of Peace は、世界スカウト機構が進める活動です。それさえ他人事?

【Never forget!】2011年3月11日14時46分18秒(日本時間)は、決して忘れることができません。

被災地の子どもたちの心の傷はいつまでも癒されません。

子どもたちへ支援声援し続けることです。全国の仲間が同じ趣意のもとで活動しました。

http://kidssmile.blog.jp/search?q=%C5%EC%C6%FC%CB%DC%C2%E7%BF%CC%BA%D2

3.11を期にボーイスカウト応援団からもっとグローバルに「こどもの笑顔応援団」に、

子どものための団体の指導者として誰のためかを明確に「こどもの笑顔育成協議会」となり、

子どもたちの見守りオーエンくんが誕生しました。
CIMG3803
















3.11に黙祷、募金など、できることをひとつしましょう。

ひとつできることが、みんなでひとつになることです。

同じスカウトとして、できることを!
1962775_651741191558410_462979510_n






登録に、イベントに血道をあげて、情けない。

お題目大好きな忘八もんが多いから。。。
----------------------------------------------------------------
子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」
協議会横バナ−

http://kidssmile.blog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile.blog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile.blog.jp/archives/65142342.html
記事検索
Twitter
おすすめ
あなたも「こどもの笑顔育成協議会 for Kids Smile」!私はこどもの笑顔を応援します。ご賛同の方は、バナーをクリックして「こどもの笑顔育成協議会 for Kids Smile」の記事をご覧ください。全国草の根出来ることから運動です。
こどもの笑顔育成協議会



ご賛同の方たちリンクリスト
こども笑顔缶バッチ6<br>




ボーイスカウト松任第1団
石川県連情報


ご訪問のあしあとにクリックをお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 子育て支援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 地域活動へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ ボーイスカウトへ
にほんブログ村



 こどもの笑顔応援、続けること。

身近なエコ活動。そしてこどもの笑顔へ。
01f回収場所



カテゴリー別記事
mybnr-music

mybnr-watch

mybnr-thing

mybnr-boy

mybnr-nature

mybnr-shumi

mybnr-flower

mybnr-own

mybnr-doraku
blogram
blogram投票ボタン
今日はお天気?
コメントありがとうございます
携帯からQRコード
QRコード
livedoor×FLO:Q パック

  • ライブドアブログ