こちら「こどもの笑顔育成協議会」加賀の国より

子どもの幸せ、笑顔のグリーンリボン for Kids Smile SUPPORTER こどもの笑顔応援団、ボーイスカウト応援団。子育て支援。自然体験活動。

一般市民参加プロジェクトです。
子どもの笑顔は周りの大人も笑顔に変えてくれます。
みんな笑顔で幸せに。
子どもの幸せ、笑顔のグリーンリボン
for Kids Smile SUPPORTER こどもの笑顔応援団、ボーイスカウト応援団。子育て支援。自然体験活動。

2013年03月

笑顔の源。ブスになっていませんか?

300422_122274254548996_100002992652588_127467_2004507833_n








素敵な笑顔ですね。

笑顔こそ、元気の源です。人の噂をしたり、誹謗中傷される方がいらっしゃいます。

応援するならいいのですが、風評をながしている方いらっしゃいませんか?

その方は、こんな笑顔を持っていないのでしょうね。

宝塚の笑顔の精神。「ブスの25箇条」子どもに大しての言葉ではありません。

大人ひとりひとりへの言葉です。五省にも通じます。

大人の一挙手一投足が子どもに、保護者に大きく影響を与えます。上から目線も同じです。

1112_takaraduka

感謝。礼には礼。子どもたちに教えたいことです。謝謝、台湾。



感謝。(Mr.サンデーより)
WBC台湾戦の奇跡。円陣お辞儀の秘密。

これいい話ですね。感動しました。シェアです。


********


今回のWBCには、その道程の中で決して忘れてはならない
魂のベストゲームが存在します。

それが今月8日に行われた日本×台湾戦でした。

9回2アウトまで追い込まれた日本の底力。
そして逆転劇。

しかし、土壇場で勝利を逃し落胆しているはずの台湾ナインですが、

試合後、地上波では放送されることのなかった
ある振る舞いで日本人を驚かせました。


なぜかマウンドで円陣になり、
スタンドに向かって深々と頭を下げる彼ら。


そして試合後に台湾のファンが掲げた旗には、

「日本おめでとう」の文字が。

その謙虚さと息をのむ光景に
何万人という日本人にが胸を熱くしました。


……


それは、まもなく震災から2年を迎える

今月6日のことでした。


一人の日本人がツイッターにこうつぶやきます。


「WBC、日本は初戦が台湾に決定。この試合を見に行かれる方、先般の東日本大震災への台湾からの多大な支援のお礼の横断幕やプラカードをお願いします。WBCを通じ、日本と台湾の信頼関係を深め、私達が本当に台湾に感謝している事を伝えて下さい」


台湾からの多大な支援。

そう、意外と知られていませんが、

先の震災で世界最多となる200億円を超える義援金と、
400トンを超える援助物資を送ってくれたのが

台湾だということ。

そればかりか、

震災の翌日に世界のどこよりも早く
救助隊を派遣してくれたのも、また台湾でした。


「そんな台湾にお礼をしよう。」

WBC日本台湾戦の2日前にそう呼びかけたツイッターは、
瞬く間に日本中に拡散しました。


そしてその展開は日本だけにとどまりませんでした。

台湾に感謝を示そうとした日本人の心が、

翌日には海を超え、
中国語に翻訳されて拡散され、

台湾の人をも動かし始めます。


台湾の街角でも、何人もの人が中国語に訳されたあのツイートを。


こうして広がっていったやりとりは、

台湾のマスコミにも取り上げられ、
多くのことに知られることになります。


ただ、この時すでに来日していた台湾選手たちは、
こうした盛り上がりを知りません。


……


彼らにとってWBCの日本戦はあまりに特別なもの。

台湾にとっての野球、
それは日本と切っても切れない縁で結ばれたスポーツです。


そもそも野球は日本が台湾を統治していた時代に
持ち込まれたものでした。

「職業棒球」と呼ばれる台湾のプロ野球チームは、現在4チーム。

監督やコーチ、選手など
実は、多くの日本人が台湾野球の発展に力を尽くしています。


そんな日本は台湾の野球人にとって

常にその背中を追いかけてきた父のような存在。


今や台湾で最も人気のあるスポーツとなり、
紙幣の絵柄にも採用されるほどになった野球というスポーツ。


今回のWBCも各地で大型のパブリックビューイングが催され、

2,300万人の人口の半数を超える
1,200万人が視聴しました。


国際映像で流れる東京ドームの映像は、

くしくも、

日本にとっては台湾に感謝を伝え、

台湾にとっては野球を教えてくれた日本と世界の舞台で戦える
最高のステージとなっていたのです。


……


試合当日、スタンドにはツイッターの呼びかけ通り、

「台湾に感謝」と書かれた色とりどりのプラカードが。


それが1枚や2枚ではありません。

プラカードの存在に球場で初めて気づいた台湾選手たち。


そんな中、始まった試合は、
まさにWBC史上に残る名勝負となります。


およそ一世紀という時間をかけ、
必死に追いかけてきた背中を越えようとする台湾と、

その前に立ちはだかる日本。


その名勝負は夜23時半を超えても決着がつかず、

いつしか敵と味方という立場も超えて、
球場を一つにし、東京ドームにはウェーブが起こります。


そして日本が1点ビハインドで迎えた9回2アウト。

日本がついに同点に追いつきます。


そして、次の10回表ついに日本が逆転。


その裏、最後にはまるで高校野球のような
ヘッドスライディングを見せる台湾選手。

しかし、追いかけてきた背中にあと一歩届きませんでした。


しかし、これで物語は終わりませんでした。


日本の地上波では放送されなかったシーンです。



喜びを爆発させる日本代表選手の後ろで、

ベンチを出て行く台湾代表選手たち。


彼らは全員でマウンドに向かうと、

360度、スタンドの全方向に深々と一礼をします。


「ホームグラウンドでもない私たちを
日本のファンは応援してくれる。…それに感謝したい」


その姿に観客から惜しみない拍手が贈られます。


「礼には礼でこたえる。」

そうやって互いにリスペクトする関係が築けたこと。
あの日私達はそんな幸せな光景を目の当たりにしました。

オタク?なんでも帰属させてはねえ。指針の基準は、昔からあります。

inorinote























これを読んで、ボーイスカウトや!って思った方は、オタクになっています。

なんでも尺度を帰属させるのでなく、

ボーイスカウト以前の一般常識をたまたま取り入れたというだけ。

広報、PRを進める上で、もっと謙虚にお話をする。どこでも考える理念は同じですという言い方では?

今日は春分の日。
お彼岸。彼岸も此岸も仏教用語で、迷いや煩悩に満ち溢れたこっちの世界「此岸」から、悟りを得たあっちの世界である「彼岸」へ到達するために、春分・秋分の日を中日とする前後7日間は、六波羅蜜(ろくはらみつ)という修行に励みましょう!と意味が根底にあります。

信仰心を持つは、宗派の作法ばかりでなく、修行に励む姿では?

●六波羅蜜とは、次の6つのことです。
「布施」
財施(財を施す)、法施(真理を教える)、無畏施(恐怖を取り除き安心を与える)など、見返りを求めずに施す。

「持戒」
ルールを守る。

「忍辱」
苦しさや困難に耐える。

「精進」
最善をつくして努力する。

「禅定」
心を落ち着ける。

「智慧」
真実を見抜く力を身につける。

つまり、日常の生活に追われ、自分自身を見つめることができない人でも、春と秋の7日間は六波羅蜜という良い行いをし、先祖や仏様に感謝をしましょうというということですね。

思いっきり楽しめば、人は寄って集まってきます。

01楽しまなくっちゃ

















あてにならないどこかより、思いっきり楽しめば、人は寄って集まってきます。

なんでも、ワクワクドキドキする気持ちを持っています。そのワクワクドキドキするところに人は集まってきます。

人が集まる九ヶ条を具体的にお話をもう一度。
https://www.facebook.com/note.php?note_id=342815989132707

http://planninggex.blog.jp/archives/51709436.html

もっと楽しみましょう!!!

いやいやするよりも、理屈コネコネするよりも、笑顔で楽しむことからですよ。

大人が率先して、楽しむことです。指揮官じゃないでしょ?

偉い人になっていると勘違いしている方もいらっしゃいますね。

エンターテナーであり、少年の心を持った大人ですし、ファシリテーターでしょ。

そんなところが、保護者に伝わるのも方法。

広報は、楽しさを伝えて、笑顔で活動することから。

自分自身を笑顔にさせるものを身につけるのも一つの方法。

----------------------------------------------------------------
子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」
協議会横バナ−

http://kidssmile.blog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile.blog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile.blog.jp/archives/65142342.html 

大人になっても、批判、避難しかできない人は、小さい時からと同じ。

199547_275218789262949_679651159_n
























アメリカインディアンの教え。

コマンダー、指揮官にならないための大人のための戒めの言葉。

これを活かして、ファしリエーターとして、サポーターとして、動くか動かいないかがキーですね。

のぞき見て、そこほこで、ああだこうだと言っている人は、

「批判ばかり受けて育った子は、非難ばかりします。」

批判、非難、陰口、大人になってもしている方がいらっしゃいますね。

聞き苦しいですね。小さい時に批判ばかりされたのでしょうね。


http://kidssmile-ouendan.doorblog.jp/search?q=%BB%D2%B6%A1%A4%CE%CC%B4

風化させてはいけません。

【応援】Don't give up, Japan
【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile-ouendan.doorblog.jp/archives/65142342.html

375640_345933892150016_1152098545_n

「おきて」仁・儀・礼・智・忠・信・考・悌 

CIMG0408

















「誠実である」「忠節を尽くす」「人の力になる」「友誼に厚い」「礼儀正しい」「親切である」

「従順である」「快活である」「質素である」「勇敢である」「純潔である」「つつしみ深い」

と昔のボーイスカウトの少年たちは12項目のおきてを守って、社会人になりました。

今は、8項目です。
「誠実である」「友情にあつい・思いやり」「礼儀正しい」「親切である」

「快活である」「質素である」「勇敢である」「感謝の心を持つ」

検索しているとあるところにこう書かれておりました。…「ちかい」と言う言葉は、古語で表すと「ちかひ」、「ひ」とは霊、自分の“良心”に自分で誓うのです。自分が自分に誓う。これに勝る自発活動はありません。「おきて」は、心の「おき」どころの「おき」と方向を示す「て」を表しています。
 「ちかい」と「おきて」を実行することは、権利に対する義務とは違い、反対給付を求めない自発活動からくるものを求めています。よく外国映画で「私は嘘を申しません」と言う時に、ボーイスカウトの三指のサインを見せる時があります。それ程外国では強い「ちかい」であると考えられています。ボーイスカウトは、名誉をなによりも大切にします。
 誠実→責任を果たす→信用・信頼を得る→名誉(決して無料奉仕ではありません。)
記事検索
Twitter
おすすめ
あなたも「こどもの笑顔育成協議会 for Kids Smile」!私はこどもの笑顔を応援します。ご賛同の方は、バナーをクリックして「こどもの笑顔育成協議会 for Kids Smile」の記事をご覧ください。全国草の根出来ることから運動です。
こどもの笑顔育成協議会



ご賛同の方たちリンクリスト
こども笑顔缶バッチ6<br>




ボーイスカウト松任第1団
石川県連情報


ご訪問のあしあとにクリックをお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 子育て支援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 地域活動へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ ボーイスカウトへ
にほんブログ村


http://www.picbadges.com/badge/1716252/ こどもの笑顔応援、続けること。

身近なエコ活動。そしてこどもの笑顔へ。
01f回収場所



カテゴリー別記事
mybnr-music

mybnr-watch

mybnr-thing

mybnr-boy

mybnr-nature

mybnr-shumi

mybnr-flower

mybnr-own

mybnr-doraku
blogram
blogram投票ボタン
今日はお天気?
コメントありがとうございます
携帯からQRコード
QRコード
livedoor×FLO:Q パック

  • ライブドアブログ