ナイフ研ぐために木片渓流で魚を捌くナイフです。木工などにもちょっと使います。お昼前後、町内のTさんが来られて「これ!」って。「ん!?何け?」「研ぐときに使う木っ端や」はさみで3センチくらいに切って水に浸けて使うんやそうです。ホーホー!研ぐときにこう使うと説明されても、お互いもどかしいもので百聞は一見にしかず。やってみせていただきました。なるほど・・・うん、うん。ホー・・・感心するばかり。自己流はいけません。Tさん床屋さんで研ぎはプロ中のプロです。小一時間ほど教えていただきました。納得するばかりです。なんでもわからないことは聞く気持ちが大切です。いい勉強になりました。感謝感謝です。切れない刃物は事故の元です。手入れはキチンとする。正しい研ぎ方を知るです。