ようやく春の一輪暖かい日でした。気温23℃。ようやくクロッカスの次に水仙が一輪咲きました。順に咲きます。逸話にスイセンという名は、中国での呼び名「水仙」を音読みしたもの。「仙人は、天にあるを天仙、地にあるを地仙、水にあるを水仙」という中国の古典に由来する。水辺で咲く姿を仙人にたとえた。仙は(神仙)、(仙人)、(仙子)、(仙夫)、(仙公)、(仙客)とも言うし、 その形象が年寄りの場合には(仙翁)といって、女性の場合には(仙姑)だと言って、多人数の場合には(仙曹) または(仙衆)という。羽化昇天(衆人のなか昇天することを白日昇天という)して仙人になる天仙、地仙などがある。言葉を調べるといろいろ成り立ちがおもしろい。