8f02f51d.JPG自分が出来ること。去年辺りから、ちょっと疑問に思ったことがあり検索して見つけたのが、ペットボトルのキャップで世界の子どもたちの命を救おうというもの。集めて送ることが、地球環境にも自分が出来るエコであり、世界の子どもたちへ寄付も出来る。今からでも始められる、少しずつでもやり続けられる。誰でも、年令に関係ない。
これだと思いました。

何がと言いますと子どもたちに説明出来るストーリーがある。

自分が飲んだペットボトルのキャップを800個(2kg)集めてワクチン(ちなみにポリオワクチン一人分20円です。)を送る。
棄てればゴミ、集めてリサイクル会社に買い取ってもらい売却益でワクチンを買って、世界の子どもたちの命が救える。自分のやったことが見えることです。

ペットボトルキャップエコキャップ推進協会から世界の子どもにワクチンを日本委員会にそして世界の子どもたちへ。
ボーイスカウト石川県連盟としても今年の夏から本格的に協力することになりました。

皆様のご協力のほど宜しくお願いいたします。

ペットボトルのキャップは軽く洗って、シールの付いているものはシールを取って集めましょう。
ペットボトルのキャップを原材料のペレットにして再生プラスチックの製品も出来ます。不純物があると再利用が難しくなります。

まず自ら出来ることからです。


追記:このブログを書き始めて2年半以上が経ちました。
今日この記事で800回目を書いたと管理ページに出ておりました。

書き続けられているのもご訪問いただいている方のお陰と存じます。

この場をお借りしまして、深く御礼申し上げます。