クロッカス紫クロッカス黄色朝発見、クロッカスの花が開花しそう。

アヤメ科 サフラン属 ヨーロッパでは春を告げる花の筆頭として 、昔から親しまれている。

【名前の由来】花言葉「青春の喜び」
青春を謳歌するように、春に咲くところからこの花言葉が生まれました。
クロッカスとは、ギリシャ神話に登場する美青年の名前です。
この青年は、羊飼いの娘、スミラックスと愛し合い、結婚の約束をしていましたが、神々に反対されてしまいます。絶望のあまり、青年は自ら死を選んでしまいますが、その死を悲しむスミラックスを見て、花の神フローラは、2人を花に変えたということです。ちなみにスミラックスはサルトリイバラです。
このお話からもうひとつ「あなたを待っています」という意味も生まれました。

ギリシャでは、クロッカスとサルトリイバラの花が結婚式の花として贈られたそうです。