091220_0312~0001001クリスマスと言えば、ツリーですね。

ビーバー年代でも簡単にできるツリー。

ホームセンターで売っているポリカーボネートのパネル。
中空のサンドイッチになっているもの

または、文具店で売っているラッピング用の色ダンボール波型のもの。

色もいろいろあります。

わざわざ買わなくても、ダンボールを使ってもいいんです。

片側一枚をはがして、それを使ってもいいんです。

そのダンボールに色を塗る。

また色紙をわざとシワシワにして、張っても面白い感じになります。

簡単にはさみで切れますしね。

あとはキラキラのもの、2穴パンチなどで抜いた金色、銀色の色紙などなど

張ればできます。

チェーンも手芸店で簡単に手に入ります。

ちょっとした時間で十分できます。

準備は材料を用意するだけ。

道具は、はさみ、木工ボンドと穴を開ける1穴パンチぐらいです。

子供はいろいろ工夫しますよ。

自由な発想を大切にしましょう。

工作で楽しんでのそれでおしまいでなく

前後を工夫すればプログラムになりますね。

工作はプログラムそのものではありません。

工夫すること自由な発想することがプログラム。

そこにクリスマスのソング、

サンタさんを見つけるおっかけっこなどをしてプログラムが出来上がりますね。

ちょっとした工作も演出しなくちゃ。

工作教室なら作るだけでいいんですが。。。