CIMG7761


ロープ結びを進める上で、いろいろな体験があります。

単なる結びの名称と部分を知っていても、それをどう使う。実際の生活の中で使わなければ役に立ちません。

ドラえもんのポケットじゃないですが、わざわざ結ぶときに「○○結び」って言わなければ結べばいんでしょうか?

名称でなく、何に使う、使えるという知恵です。小学校の年代では、なおさらです。

知識の体験でなく、体験での知恵が有効に目と指先に残るものです。

結びで遊ぶことからですね。

もともと生活の必要から生まれた「結び」ばかりです。先人の知恵です。

画像は、やる気を促進させる一つで、結びの進歩を目で見せる
musubi

初歩は、赤、次は黄色、その次は青といった具合です。