広報についての考え方の再認識と理解を進めて、募集、体験、見学などに役立てるための情報交換です。
広報の基本的な考えがズレを修正しない限り、加盟員は増えません。
実践するための講座です。

以下をチェックしてみてください。

々報と宣伝を勘違いしているのを、よく理解する。

▲棔璽ぅ好ウトの良い部分をわかり易い言葉で、表現する。

ボーイスカウトって何?を常に考え、表現する。

FBの個人ウォールは、ボーイスカウトの仲間ばかり集めず、活動の地域住民と友達になる。

ゥ拭璽殴奪箸任△詛長さんから、小学生のお子さんを持たれている保護者の年齢層30〜40歳。特に女性。

広報を進める上での基盤になるものは、プロブラム!魅力あるプログラム。
儀礼もしっかりする。儀礼をキチンとしていない隊がまだまだあります。
「ボーイスカウトは礼儀正しい」ここからです。

友達申請するときも、「無言申請しない!」ちゃんと大人としての良識あるメッセージ、挨拶を添える。

┘棔璽ぅ好ウトのことばかりを個人のウォールに書いても、相手はボーイスカウトすら知らない人には、暖簾に腕押し。糠に釘。個人の魅力がイコールその人の活動の魅力。

胸の記章は、その部門に奉仕する証し!!!勲章ではない。モノの言い方が上目目線。見下したような言動にならないように。

広報はデザインではありません。プロのデザイナーでもないのに、それのノウハウを知っても、使いこなせなければ何もなりません。単なる見栄え。

多くの理解者を増やすこと。理解者は遠くの業界人ではありません。近くの方々。隣の人。その理解者に、なるほどという言動がしているかいないかです。

主役は子供!大人の都合でしない。

殿様商売では、理解は求められません。

理屈を言う前に、実践躬行!

立場で、組織を動かせるなら、インフラ整備!インフラ整備なしに、小手先の宣伝ツール(ポスター、チラシ、広報紙、ブログ、HPなど)の作成の仕方を覚えても上滑り。

鮎霾鵑魘ν化。そのために情報は整理、整備する。「そなえよつねに」では?

韻桓身の言動を見直して、どこから「出来るか」を振り返って、実行。

殴優奪箸皀▲淵蹈阿眩箸濆腓錣擦董広報していって、募集という宣伝をする。

----------------------------------------------------------------
【〆切間近】オーエンくん 育成サポートオーナーも、子供が笑顔になるように楽しむものです。
http://kidssmile-ouendan.doorblog.jp/archives/65662232.html

こどもの笑顔育成環境も、同じですね。今のうちに!!!
子どもの笑顔大好きな方、昔ボーイ、ガールだったOB、ОGの皆さんも、保護者のみなさんも、集まりましょう!(-^〇^-)

子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」こどもの笑顔応援団・ボーイスカウト応援団
育成協議会横
http://kidssmile-ouendan.doorblog.jp/archives/65658375.html