1宣伝で無い





563897_456385454380507_1710480557_n




















こちらの記事へどうぞ。
リンク先も修正。
http://kidssmile.blog.jp/archives/65583376.html

人は「人が集まる所」へ集まる 「同調行動効果」
人間はほかの人と同じような行動をしようとする。

人は「快適な所」へ集まる 快適とは?

人は「噂になっている所」へ集まる どんな噂?

人は「夢の見られる所」へ集まる 夢は?

人は「良いもののある所」へ集まる 良いもの?

人は「満足の得られる所」へ集まる 満足は?

人は「自分のためになる所」へ集まる 自分のためになる?

人は「感動を求めて」集まる 感動は?

人は「人の心を求めて」集まる 心は?

それと

人は「自分の存在感を認めてくれるところに」人は集まる。


こんなお話

アメリカの都市のある大銀行の預金窓口での微笑しくも奇異なる現象です。

古い歴史を持つこの銀行の窓口は2Fまで吹き抜けの高い天井で、ホールは大理石の柱と床で広々として、映画のシーンで見られる荘厳な雰囲気です。

預金窓口はその広いホールの右側にあり、預金者のために七ツの窓口が開かれています。

窓口には1番から7番まで番号が打ってある。

この話をしてくれたのは、この銀行を週1回程度利用している人なのですが、いつも2番の窓口だけに長蛇の列があるのだそうです。

そしていつだって1番も3番以降の窓口も1人か2人の客しかいない。

ある時その人は隣の3番窓口で早々に用を済まして、2番窓口に並んで待っている1人の婦人に、そっと聞いてみたそうです。

「この2番の窓口は何か特別な窓口なのですか」と。

するとその婦人は、「はい、特別な窓口ですよ、私にとって」とにっこりしながら短く答えます。

「私にとって」というのが気になったその人は、「あの窓口の人は、ご親戚かお知り合いの人なのですか」と聞きます。

答えは「いいえ」です。

そして婦人は静かにこう言うのだそうです。

「あの窓口の人、とても好きなの。いつだって私の名前を間違えずに呼んでくれるし、しかも何度も私の名前を言ってくれるヮ。

3週間前に来た時だって”ご主人様のご病気如何ですか“って聞いてくれるの。病名だって、私が言ったのをちゃんと覚えていて。」