CIMG5163


















(画像はこちらの記事から、http://blog.goo.ne.jp/bsmatto/e/bb0a44a920463dd11cc50f8c05ac46eb
身勝手になっていませんか?主役は子どもです。大人の会議も集会も記事でアップされています。

主人公は子どもなんですがね。

子どもにどんな体験をさせられるか、需要と供給の「需要」は子どもにいろんな体験をさせて、発達を促す手伝いをしてほしいと願っている保護者。

「供給」の準備、用意を私たちが出来ているかです。

需要と供給のベストマッチングさせるために供給側の「インフラ整備」にあります。

何でも自分で出来ると勘違い。出来たものを褒めてほしいのは大人では?

大人が手出しして作るのは、簡単です。

体験をさせることが、経験となって知恵が養われます。

体験させるためには、手本が必要です。

やって見せてです。きちんと説明も必要です。言って聞かせてです。

出来たら、「すごい!」

画像は、伐採でいただいた小枝です。

小枝から、画像のようにいろいろなものが出来ます。

小枝鉛筆、組み合わせ工作、バードコール、バターナイフ、笛など。

やって見て、いろいろな工夫も生まれます。

これも見本があって、大きさ太さ、使う道具、道具の使い方などをやって見せてです。

広報も同じです。カテゴリの広報の記事も多くあります。http://kidssmile.blog.jp/search?q=%B9%AD%CA%F3

何もやらないで、出来上がったものをもらっても。何の感動も工夫も生まれません。

まずやってみる!実情に合わせた工夫をする。

広報は答えはこれだ!ってありません。

実情が各々違います。基本的な条件(インフラ整備)を整えないと実情に応用も出来ません。

無からのお得意の自己研鑽?

工作のように出来上がったものを見ても、その作り方、ノウハウもわかりません。

過去の人数を調べて、増減の変化は現象にしか過ぎません。増減の要因はいろいろ考えられます。

恒久的な答えはありませんが、ベースになっているものを探し出すことです。

いつまでも殿様商売では増えるものも増えません。

入隊へのプロセス








http://kidssmile.blog.jp/archives/65790924.html
組織もあります。その体制も重要です。

それ以前の プログラムの精査、儀礼の励行、制服の着用、年間プログラム、活動の露出、活動写真の撮影記録。ここからですよ。

アクションプランもありました。アクションのテクニックばかり目をやっても無意味。なぜ増えないのか?何が原因なのか?再度確認です。
小手先のキャッチフレーズ、デザインなどに凝っても抜本的な諸要素を整備しない限り、増える要素はありません。

主役は、子どもです。大人の都合でやっていませんか?
----------------------------------------------------------------
子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」もファンドレイジングです。
協議会横バナ−

http://kidssmile.blog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile.blog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile.blog.jp/archives/65142342.html