こちら「こどもの笑顔育成協議会」加賀の国より

子どもの幸せ、笑顔のグリーンリボン for Kids Smile SUPPORTER こどもの笑顔応援団、ボーイスカウト応援団。子育て支援。自然体験活動。

一般市民参加プロジェクトです。
子どもの笑顔は周りの大人も笑顔に変えてくれます。
みんな笑顔で幸せに。
子どもの幸せ、笑顔のグリーンリボン
for Kids Smile SUPPORTER こどもの笑顔応援団、ボーイスカウト応援団。子育て支援。自然体験活動。

見飽きない桜 開花から一週間

CIMG7354


石川は曇りです。昨晩に少し雨が降りました。一層綺麗になった桜。

開花から一週間、見飽きません。不思議な魅力です。

花言葉の「心の美しさ」の魔力でしょうか?

昨日も桜をいっぱい魅力にひきつけられました。

こちらに http://wind.ap.teacup.com/kaganokuni/377.html

2009年4月、3年前の白山市内の桜。http://kidssmile.rblog.jp/archives/65175754.html

桜 一分咲き?

桜一分咲き? 昨日の桜開花宣言で一気に咲き始めたような・・・

一分咲き!?

全体に枝が薄桃色に。

桜開花

桜開花


















再撮 桜桜が開花。お昼の気温で20℃、暖かい。

ふと横の歩道の桜を見ると咲いていました。チラッとです。空は曇って、青空じゃないですが。

この暖かさに誘われて咲き始めました。つぼみがぷっくりと膨らんでいます。

桜開花予想各地の桜開花予想はどうなんでしょう。画像をクリックしてみてください。

こちら加賀の国は来週末が満開予報。



追記
金沢地方気象台から桜の開花宣言が出されました。

例年より5日早いとか、昨年より2日早い。

標準木の5〜6輪咲いたのを確認して、開花と決めるとニュースで言ってました。

一年前に作成した動画です。

早いかも 桜

桜のつぼみさくらのつぼみが大きくなってきました。

つぼみの先端がほんのりとピンクになって、早く咲きたい。

でもまだちょっと、寒いんじゃない・・・

そんな感じでつぼみが膨らんできています。

北陸加賀の開花予想は3月31日か4月1日・・・エッ!?早くない・・・

水仙が一輪

水仙咲く水仙つぼみ事務所玄関の水仙が一輪咲きました。

陽射しがあり、暖かさに誘われて一輪咲きました。他はまだつぼみ。


暖かい地方では、とっくに水仙が終わり、サクラの開花待ち。

北陸加賀では、やっと咲き始めです。

水仙は1月の誕生花ですが・・・

ちなみに今日の誕生花はくちなしとありました。

春に・・・あと何歩!?

春、桃の花近くに咲いていた桃の花。
出かけたときに発見。車を止めてパチリ。
気温も少しずつ上がっているので、満開。

桜はまだまだつぼみが固く、小さい。

ひな祭り

お雛様黄色クロッカス開花紫クロッカス開花






ひな祭り。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』日本での起源は平安時代の京都で既に平安貴族の子女の雅びな「遊びごと」として行われていた記録が現存しており、もとは京都のものであったと推測される[要出典]。その当時においても、やはり小さな御所風の御殿「屋形」をしつらえ飾ったものと考えられる。初めは「遊びごと」であり、儀式的なものではなく其処に雛あそびの名称の由来があった。しかし平安時代には川へ紙で作った人形を流す「流し雛」があり、「上巳の節句(穢(けが)れ払い)」として雛人形は「災厄よけ」の「守り雛」として祀られる様になった。

平安を無病息災を願う行事なんですね。

先日のクロッカスつぼみが陽射しを浴びて開花。
まだちょっと肌寒いです。

春を告げる花

クロッカス紫クロッカス黄色朝発見、クロッカスの花が開花しそう。

アヤメ科 サフラン属 ヨーロッパでは春を告げる花の筆頭として 、昔から親しまれている。

【名前の由来】花言葉「青春の喜び」
青春を謳歌するように、春に咲くところからこの花言葉が生まれました。
クロッカスとは、ギリシャ神話に登場する美青年の名前です。
この青年は、羊飼いの娘、スミラックスと愛し合い、結婚の約束をしていましたが、神々に反対されてしまいます。絶望のあまり、青年は自ら死を選んでしまいますが、その死を悲しむスミラックスを見て、花の神フローラは、2人を花に変えたということです。ちなみにスミラックスはサルトリイバラです。
このお話からもうひとつ「あなたを待っています」という意味も生まれました。

ギリシャでは、クロッカスとサルトリイバラの花が結婚式の花として贈られたそうです。

冬の花植え バラ

朝から10時30分過ぎまで、町内のプランターと花壇の花植えです。
冬から来年春までのパンジーとビオラを花植え。
総数約2500苗です。
横の歩道のプランターもビオラに模様替え。

暖かい恵まれた日です。
定点撮影091107パンジービオラ






*********************************************************
午後から、あそびの大将「楽童塾」にお手伝い。
その公園にバラ園があります。
まだまだ咲き誇っております。なんとも甘いいい匂い放っておりました。
いい日差しの中で日向ぼっこしながら眠くなる誘いに襲われるほど。
バラ1バラ2バラ3

グラジオラス開花

グラジオラスグラジオラスが今日の雨の中で咲いていました。7月〜8月に咲く花です。季節を自然は内蔵時計によって知っているんですね。

ネット検索から
■神話&伝説(エピソード)■
グラジオラスは、ラテン語で剣(グラディウス)の意味で
葉の形がフェシングの剣に似ているので付けられました
「戦いの準備が出来た」との意味もあります
危険ないわれの花ですが古代では、恋人達の暗号になっていました
グラジオラスを花束や籠に入れ花の数で恋人にデートの時間を知らせたそうです

日本には、明治時代に渡来されアヤメやショウブに似ているので
オランダアヤメ トウショウブと呼ばれていました。

■花言葉■
情熱的な恋・忍び逢い・用心 忘却 勝利

梅雨はまだ明けないようです。

暑い日に見たガクアジサイ

がくアジサイ中央分離帯に植えてあったガクアジサイです。30度を越えた日です。
花びらはピンク、中は薄紫です。

花言葉は謙虚、辛抱強い愛情、元気な女性

日々の花いろいろ

あじさいなんて名前?テッセン






朝の日課は、プランターと庭の花に水遣りです。
いろいろな花が咲いているのを見るのもひとつの楽しみ。
アジサイが大きく咲き、色は薄いピンクです。この黄色い菊?系の花、なんて名前かわかりません。気になる名前・・・
テッセン(クレマチス)も咲いてます。
エンジェルストランペットエンジェルストランペットつぼみ百合






エンジェルストランペットがひときわ大きく咲いてます。百合が咲き始めました。

インパチェンス開花

インパチェンス開花一昨日花の苗を植えました。
その中の一つインパチェンス、植えたときはまだつぼみだったものが開花しました。白い花です。他にピンクもあります。ピンクはまだ咲かず。

一般名 インパチェンス
学名 Impatiens walleriana
科名と属名、園芸分類 ツリフネソウ科ツリフネソウ属の非耐寒性一年草。
英語名 Busy Lizzie / Patience Plant / Sultana / Sultan's Flower
別名 アフリカホウセンカ(阿弗利加鳳仙花)、ビジーリジー、サルタナ、ペイシェンスプラント
花の情報 茎頂部に1〜3個の鮮紅色、濃緋、白淡紅色などの花をつける。八重咲きや斑入りの品種もある。
開花時期 6〜10月
原産地 南アフリカ、ザンジバル島
適温 寒さには弱い、発芽適温は20℃、栽培適温は15〜25℃
草丈 20〜60cm
花径 2〜5cm
開花時は不定で、温度・水・光が十分にあれば一年中花をつけるとされる。

花言葉は心を休める、正直、目移りしないで、短気、豊かさ、鮮やかな人

キムス 定点撮影

定点撮影090613いつもの定点撮影。
どこがが変わったんでしょう?

プランターの花が春から夏バージョンに変わりました。
朝から花苗の運搬、壮年会会員に配布。大プランター、小プランター、花壇に配置、花植えて、花と緑の街づくりです。

管理人の世話している歩道のプランター17基に花苗17個、ベゴニア289個をプランターの土替えから、苗植え。疲れた〜。
さらに壮年会会員一人に6種類の苗、ベゴニア、ポーチュラカ、インパチェンス、マリーゴールド、サルビア、ニチニチソウ合計42個。これも植えました。
一日がかりです。終ったのは午後6時です。

ベゴニア白ベゴニアピンクベゴニア赤






ニチニチソウサルビアマリーゴールド






大きく育って花が咲き誇るのは7月下旬から10月ごろまで咲き続けます。


花言葉
ベゴニア・・・親切、片思い、丁寧、幸福な日々、永遠の栄え 愛の告白 片思い(白)親切
ポーチュラカ・・・いつも元気、無邪気
インパチェンス・・・豊かさ、鮮やかな人
マリーゴールド・・・(黄)健康・可憐な愛情、(全般)可憐な愛情・健康・嫉妬・別れの悲しみ・友情・予言・悲哀・勇者・悪を挫く
サルビア・・・良い家庭、家族愛、家庭の徳、燃ゆる想い、知恵、エネルギー、全て良し
ニチニチソウ・・・若い友情、生涯の友情、楽しい追憶、優しい

梅雨入り 花いろいろ

梅雨入りの定点撮影090610北陸にも今日6月10日例年よりも9日早く、梅雨入り宣言が出されました。じめじめ蒸し暑い季節の始まりです。室温も高めに推移してます。

定点撮影の風景も青空じゃなく、どんよりした曇り空です。雨もぱらぱらと降り始めました。


花を観ると気持ちが和みます。クジャクサボテンの紅白、オキザリス ・トライアングラリス(別名紫の舞、或は銀の舞)のかわいい花も、そのそばにサボテンの赤い花が咲いてます。
クジャクサボテン赤クジャクサボテン白オキザリス ・トライアングラリス






サボテンの花赤少し色づいてきたアジサイアジサイはまだ色づき始めたばかりです。薄赤くなるのかな?






ポピー 赤ヒメイワダレソウ外出したときに見かけた赤いポピーきれいです。川原の土手にヒメイワダレソウ(姫岩垂草)が一面咲いていました。思わずパチリ



花言葉もいろいろ
クジャクサボテン・・・・儚(はかな)い美、儚い恋、繊細、快楽、一途な恋、風刺
オキザリス ・トライアングラリス・・・・賢い婦人、喜び、母の優しさ、輝く心
サボテンの花・・・・燃える心、内気な乙女、秘めた熱意
アジサイ・・・・移り気、高慢、辛抱強い愛情、元気な女性、あなたは美しいが冷淡だ、無情、浮気、自慢家、変節、あなたは冷たい
ポピー・・・・・慰め、いたわり、陽気で優しい、思いやり、(赤)は慰め、感謝
ヒメイワダレソウ・・・忍ぶ恋、私のことを思って下さい

ど根性ベゴニア 花いろいろ

ど根性ベゴニアが多きなって花を咲かせています。咲いている花も夏の花々に変わりつつあります。
ど根性ベゴニア1ど根性ベゴニア2ど根性ベゴニア3






横の用水の歩道脇に植えた百合、何百合かわかりませんが咲いています。あとは庭で咲いているもの。
ゆり名前度忘れ?なでしこ






アジサイまだアジサイはまだです。入梅にあわせるように待っています。

続、花いろいろ

アイリスつゆくさカラー






事務所横の用水歩道に植えたアイリス、白露草、カラーときれいに咲いてます。春も終わり初夏梅雨間近を花が知らせてくれています。
アイリスの花言葉は「良き便り」「うれしい便り」「吉報」「愛」「あなたを大切にします」「私は燃えている」「消息」
ギリシャ語で「輝かしい」を意味します。美しいけれど気取っていない、庶民的な花として羊の世話をしたり田園で働く乙女たちのためにローマの詩人に歌われてきました。
白露草、紫のツユクサは、多く見かけるけど、白は意外に少ない。花言葉は、「尊敬」。

カラーの花言葉は「素敵な美しさ」「清浄」「壮大な美」「乙女のしとやかさ」「夢のように美しい」
カラーの語源はギリシャ語で「美」の意味をもつ「カロス」です。ウエディングブーケに使用されることが多いです。

花いろいろ

小さい庭ですがいろいろな花が咲いています。季節が変わっていくのを花が教えてくれます。自然のカレンダーですね。名前の知ってるものもあれば、知らないものもあります。緑の葉に花の色、主役は花ですが、引き立たせている緑の葉、この色も名脇役です。
あじさいはまだ名前?花1花どわすれ名前






芍薬もう少しわからない?花マーガレット?雛菊?






なでしここでまりマーガレット?






名前の知らない花をご存知の方は、お教えください。なでしこ手ぶれがすごいのはご愛嬌です。

牡丹のつぼみ

牡丹のつぼみ牡丹のつぼみ。今月末には咲きそうです。別名は「富貴草」「富貴花」「百花王」「花王」「花神」「花中の王」「百花の王」「天香国色」 「深見草」「二十日草(廿日草)」「忘れ草」「鎧草」「ぼうたん」「ぼうたんぐさ」など多数。

花言葉は「王者の風格」「富貴」「恥じらい」「高貴」「壮麗」「誠実」
「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」 
立った姿は芍薬の花のようにすらっとして美しく、座っている姿は牡丹の花のようにあでやかで気品があり、歩いている姿は百合の花のように清く美しいということで、美人の立ち居ふるまいを花にたとえたもの。この言葉でも、牡丹は高貴な女性として見られている。

追記:「立てばゴリラ、座れば岩のよう、歩く姿はゴジラかな」
新緑金沢旧県庁の後ろ側の新緑です。優しい萌黄色です。

名残惜しい満開の桜

定点撮影090413散り始めです次につつじ






朝起きて、歩道の桜を観て・・・もう散り始めている。午前中外出した時に、満開の桜が名残惜しいと思い立ち、帰りにぐるっと主立った市内桜の名所を回ってパチリ。観られたとおり市内にも桜がいっぱいです。廻るのに車で20分弱です。庭にもうツツジが満開です。季節を追いかけるように初夏?
市内桜名所1桜の古木満開市内桜名所2






市内桜名所3市内桜名所4市内桜名所5






市内桜名所6市内桜名所7-石畳に映える桜並木市内桜名所8






満開名残惜しい桜市内桜名所9機関車と桜






佇む桜小学校の桜並木小学校の桜並木2

根上青年の家「桜」

舍営した根上青年の家の敷地に咲いていた満開の桜です。
根上青年の家桜1根上青年の家桜2根上青年の家桜4















根上青年の家桜3根上青年の家桜5根上青年の家桜6







根上青年の家桜7二日目に朝日が昇り始めた時の桜。

あさがお

あさがおあさがお、朝咲いて昼頃にはしぼんでしまいます。花言葉は「明日もさわやかに」「はかない恋」「貴方に私は絡みつく」。俳句では有名な千代尼の朝顔に釣瓶取られて貰い水。白山市の市の花に制定されています。

空梅雨?

朝から暑い〜〜。梅雨は遠ざかってるのか、空梅雨か、早めに梅雨明けか?暑いです。事務所横の歩道に植えてあるアガパンサス(和名ムラサキクンシラン)が咲き始めています。ど根性ガザニアとベゴニアもこの暑さで元気です。管理人はばててますが・・・
アガパンサスは、6月29日(ビートルズ記念日・星の王子さまの日)の誕生花。別名は「紫クンシラン」だが、科が異なる。南アフリカ原産の丈夫な球根植物。害虫もあまりつかず、毎年掘りあげる必要もない。ギリシャ語の「愛の花」を意味する語が名前の由来。それで花言葉は「恋の訪れ」「知的な装い」「実直」だそうです。
ムラサキクンシラン別名アガパンサスど根性ガザニア7月5日ど根性ベゴニア7月5日







ちなみに7月5日の誕生花は、誕生花の辞典:「ロベリア」です。花言葉は「いつも愛らしい」です。ご参考に。
追記:夏?夏だぁ〜Kaoma - Lambada&渚のアンティーク女王様亀有で

梅雨の晴れ間

サルビア紫グラジオラス赤百合






事務所と自宅周りに初夏の花々が日差しを浴びて咲き誇っています。色が輝いて見えます。サルビアの紫のものは年越しで咲いたものです。昨年もこの一本が咲いていました。グラジオラスもきれいな紅赤、白紫と咲いてます。
グラジオラス紫白

恒例 花苗植え替え

朝早く起きて、恒例の花植え替えです。初冬から春の花ビオラ、パンジーから夏の花々上手く咲かせれば晩秋まで咲きます。朝8時くらいに壮年会会長宅前に集合して、松任総合運動公園多目的グランドの駐車場へ花苗を取りに行きました。町内壮年会で4900苗です。市内でも上から数えて1か2番に多い苗数です。運搬も大型トラックです。他の町内は自家用車か軽トラで充分です。数が数だけに2回は往復です。運搬後所定の植える場所に決めた数を配布、壮年会会員にも配布。管理人は事務所横の歩道に大プランター17基に289苗を植えます。すごい量です。この他に壮年会会員に43苗プラスαで、約400近い数を植えました。
CIMG5872植え替え準備植え替え完了






壮観です。ベゴニアのかたまりです。朝8時に運搬配布に始まり、植え始めはお昼前から夕方6時過ぎごろまでかかりました。腰が、足が痛いです。でも春から夏への散歩道の模様替えです。きれいな花が咲き誇る歩道を気持ちよく歩いていただければと思うだけです。今年はベゴニア1植え替えベゴニアベゴニアがいっぱい







事務所前も事務所玄関横にも植えました。ニチニチソウとサルビア、ボーチュラカです。

事務所に

ミニフラワーアレンジメント昨日いただいたミニフラワーアレンジメント。春らしい淡い色調です。朝から暖かいいい天気です。

満開から散り際の夜桜

名残惜しい夜桜1名残惜しい夜桜2満開も過ぎ、昨日の雨と今日の風で散り始めています。枝から新緑の葉桜が見えています。午前中に届いた本醸造勝鬼をちびりちびり呑みながら、ライトアップした桜を眺めて楽しんでます。開花から一週間でした。明日あさってと保てばいいです。ああ、本醸造の味ですが、食前酒だという感想です。多少辛口で塩気のあるものには合わないですね。さっぱりした肴に合うかなと・・・。でも旨いです。
組旗と当番旗ボーイスカウトのカブの組旗と当番旗です。管理人のオリジナル。というより道楽です。カブは、組の結束と組で協力し合っての行動が一つの目標指導方針ですから、お仕着せの組旗ではなく、みんなで相談して描く、それを1年間組の象徴として使う。当番旗は祝声の発声などの指名しないで当番組がする。ルールを身につけさせる一方法です。

あと何日保つかな?

ヒアシンス青空と満開の桜ヒアシンスもきれいに咲きました。桜は青空に映えてきれいに満開です。暖かすぎるのか、風があるせいか、もう散った花びらが歩道に見られます。今週末まで保つのかな?桜は散り際が一番きれいと言いますが、確かにそう思います。武士の潔さを象徴するのもしかりです。

暖かさに誘われて

チューリップ桜水仙







ビオラ春の花、チューリップ目に鮮やかな真紅が咲きました。桜は薄紅色。水仙は純白。ビオラは黄色と青紫色。色とりどりです。日本語の情緒のある色の表現が似合う、春の色です。萌葱色が名脇役で春の花々を引き立たせてくれています。

桜開花

桜開花桜が開花しました。標準木が5輪咲いたら開花だそうです。昨日金沢では開花宣言が発表されました。管理人の事務所横の用水の歩道の桜が開花しました。今週末の暖かい日曜日に向けて徐々に開いて行くんだとなあと、桜前線が北へ向かっていきます。来週が見頃のような気がします。投光器でライトアップして夜桜を楽しむつもりで、見ながら夜桜に酒ですね。花尽くしできるかな。したいと考えてます。初桜、花垣・・・
追記:10番街の殺人とWipe Out

まんさく

まんさく歩道に植えたまんさくです。黄色が鮮やかに春を告げています。マンサクとは「まず咲く」とのことで,春が近づくと枯れ木の中に黄色い花をいち早くつけます。

春光天地に満ち

クロッカス青クロッカス黄色1クロッカス黄色2






陽春を思わせる暖かさです。各地で3月下旬4月中旬の暖かさでした。事務所入り口のクロッカスが咲き誇っています。青あり、黄色あり春光の中で色鮮やかです。気持ちもウキウキしてきます。事務所の中にも季節感の演出です。一足お先にチューリップ。造花ですが、気持ちが華やぎます。部屋の春を演出

月末もうけの一日?

球根咲いた一番クロッカス発見!事務所前のクロッカスが2月最後の日に咲きました。例年なら3月1日に咲いたということになるのですがね。球根で一番です。水仙、チューリップ、ヒアシンスと植えましたが次はどれでしょう?ラジオの番組で朝こんな話題が“お酒で憂さは晴れません”…「嫌な記憶強化」東大確認されたそうです。ラットを使っての実験だそうです。気分転換は他の方法でしてください。ということだそうです。段々と嗜好品は体に悪いよ、って科学的に解明されて行きますねえ。知らないでいいことだってあるということを発表する前にあるんですが・・・まあ世の中、真実ばやり。嘘がばれたら記者会見して頭下げりゃいい?それも違うんですがね。最初からの姿勢ってのが大切ですね。今日は4年に一度2月が一日多い日。

いい天気続き

シクラメン事務所入口に小さなシクラメン。以前に買って鉢に入れ替えてやらないと思いつつそのままになっていた。朝からいい天気いろいろとやってから、植え替えてやりました。鉢にプランター用の腐葉土を入れて、水をたっぷりやりました。土が乾き気味になってから水をやらないと根腐れしてだめになります。土が乾きすぎてもだめ。うまく育てると来年も難しいですけど。室内の暖かいところは向かない花です。

花植えつづき

事務所前事務所からの借景昨日の続きを朝から3時間ほどしました。春掘り上げておいたチューリップなどの球根を選別して、どこに何を植えるか考えて大プランターに、やり残した事務所前のプランターにもビオラとクロッカスの球根を植えてやっと作業終了。作業終了後いつも見る事務所からの外の風景、桜の木とプランターの花、後ろの緑。四季折々の借景です。春は投光器で満開の桜をライトアップして夜桜観賞しながら酒杯を傾けます。お気に入りの風景です。

壮年会花植え

朝から疲れました。ちょっと溜まっていた会計事務を明け方までにして、朝から壮年会の今年最後の花植え。各会員に花の苗(今年はパンジーとビオラ)と肥料を配布。その後、管理人がお世話している大プランターの充分楽しませてもらった夏の花サルビアとマリーゴールド、ニチニチソウを撤去して、油かす、腐葉土2種、堆肥、おがくず、米ぬかを混ぜてオリジナル肥料作り、これが重労働。撤去した大プランターの中の土を耕し、柔らかくして準備、そこへ先ほどのオリジナル肥料を入れて土とよく混ぜる。そこまでしてようやく花植え作業です。言葉で書くと短いですが、準備段階で5時間ほどかかりました。花植えは大プランターに12苗づつ計17のプランターですから204苗です。植えるのに約1時間です。後片付け、掃除などをして終わったのが午後5時半頃でした。来春には大きくなって6、7月ごろまでは咲きますので、それを楽しみにと散歩される町内の人に安らぎをという思いで一気に終わらせました。(右の写真は今年の春から初夏のビオラです)ふ〜〜〜っ!疲れた〜〜〜〜。
花植え1花植え2今年の春咲き誇り

秋晴れ 快晴

朝から快晴、空にはくも一つなく爽やかな一日。日差しも秋の澄んだ光で満ちている。夏の花マリーゴールドもそろそろ終わり、秋の代表格の菊は今が盛り。目を楽しましてくれたプランターの花も終わりです。冬に向かって準備と植え替えが来月しなくては・・・。ホームセンターの園芸コーナーにもう冬の花シクラメンが並んでいました。
今日の快晴の空マリーゴールド秋の代表菊

秋の芳香キンモクセイ

キンモクセイの花事務所の入口からいい匂いです。キンモクセイです。秋の訪れを匂いで知らせてくれる花です。晴れた日に一層匂いが強く感じられます。芳香剤でもありますが、本物の自然な芳香が何とも言えず、ほのかな上品さがあります。色も常緑の葉に、金色の花、そして秋晴れの青空。いい色合いです。
<ちょっと豆知識>キンモクセイ(金木犀)はモクセイ科モクセイ属の常緑小高木樹。ギンモクセイの変種。中国南部が原産で、江戸時代に渡来した。桂花とも呼ばれる。主に、庭木として観賞用に植えられている。秋になると小さいオレンジ色の花を無数に咲かせ、芳香を放つ。芳香はギンモクセイよりも強い。雌雄異株であるが、日本では雄株しか入っていないので結実しない。雄しべが2本と不完全な雌しべを持つ。
中国では丹桂と呼び、花を白ワインに漬けたり(桂花陳酒)、茶に混ぜ花茶にしたりする。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

夏の花?とサルビア

ニチニチソウとサルビアメラポジウムとサルビア紫陽花とサルビア





朝台風で心配な自宅横の歩道のプランターに植えた花々、まだまだ咲き誇っております。ふと気が付いたことサルビアと夏の花って植えて咲いていますが、最後の一枚は不思議だと思いませんか?花の咲く期間からいってもおかしい。普通は今、剪定の季節。紫陽花です。合成じゃなく今咲き誇ってます。紫陽花は梅雨から初夏にかけて咲く花ですが・・・もう9月だというのに、8月の猛暑にも耐え咲いてます。今日の雨は花々にとっては恵みの雨。

ど根性その後と新ど根性

ど根性ガザニアど根性ベゴニア以前にも書いたど根性の花、そのベゴニアは見事に大きくなり、ご覧の通り美しい花を付けております。脇の歩道の割れ目にまたまたど根性です。ガザニアという花です。増える花です。がんばって咲き続けて欲しいです。
記事検索
Twitter
おすすめ
あなたも「こどもの笑顔育成協議会 for Kids Smile」!私はこどもの笑顔を応援します。ご賛同の方は、バナーをクリックして「こどもの笑顔育成協議会 for Kids Smile」の記事をご覧ください。全国草の根出来ることから運動です。
こどもの笑顔育成協議会



ご賛同の方たちリンクリスト
こども笑顔缶バッチ6<br>




ボーイスカウト松任第1団
石川県連情報


ご訪問のあしあとにクリックをお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 子育て支援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 地域活動へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ ボーイスカウトへ
にほんブログ村


http://www.picbadges.com/badge/1716252/ こどもの笑顔応援、続けること。

身近なエコ活動。そしてこどもの笑顔へ。
01f回収場所



カテゴリー別記事
mybnr-music

mybnr-watch

mybnr-thing

mybnr-boy

mybnr-nature

mybnr-shumi

mybnr-flower

mybnr-own

mybnr-doraku
blogram
blogram投票ボタン
今日はお天気?
コメントありがとうございます
携帯からQRコード
QRコード
livedoor×FLO:Q パック

  • ライブドアブログ