こちら「こどもの笑顔育成協議会」加賀の国より

子どもの幸せ、笑顔のグリーンリボン for Kids Smile SUPPORTER こどもの笑顔応援団、ボーイスカウト応援団。子育て支援。自然体験活動。

一般市民参加プロジェクトです。
子どもの笑顔は周りの大人も笑顔に変えてくれます。
みんな笑顔で幸せに。
子どもの幸せ、笑顔のグリーンリボン
for Kids Smile SUPPORTER こどもの笑顔応援団、ボーイスカウト応援団。子育て支援。自然体験活動。

東日本大震災 を含む記事

便乗が便乗になればいいが、所詮借り物。素朴な疑問からが発端。

CIMG4858
















【原点はオーエンくん】

素朴な疑問からが発端。ボーイスカウトにキャラクターがいない。

それとボーイスカウトが知られていません。

死語になっている「ボーイスカウト」(知っているのは業界人だけ) 

2009年1月に「ボーイスカウト応援団」 http://kidssmile.blog.jp/archives/65142342.html として発足。

今のデザインと「オーエンくん」として応援のキャラクターとして誕生したのは2010年春ごろスカウトSNSです。

15NJでデビュー。2011年東日本大震災に最初のグッズ、オーエンくんピンバッチを製作。

そしてボーイスカウト応援団から「こどもの笑顔育成協議会」へ。

子どもたちを応援するキャラクターになりました。
http://kidssmile.blog.jp/archives/65698059.html

ワッペン、リーフリング、缶バッチ、ピンバッチ、焼印、刻印と表現も、ポーズのバリエーションも増えています。

広報のキャラクターへと育っています。

借り物のキャラクターは、所詮、元が有名になるだけです。ゆるキャラもブーム。

キャラがコスプレしても、そのコスプレが有名になるのでなく、キャラクターの個性が強いためキャラクターがますます有名になるだけ。著作権料まで払って便乗しても、元は取れません。

(サンリオが、熊本が。。。です。便乗で便乗できればいいのですがね。増えていますか?加盟員)

----------------------------------------------------------------
子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」もファンドレイジングです。
協議会横バナ−

http://kidssmile.blog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile.blog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile.blog.jp/archives/65142342.html

支援し続けること。Messengers of Peace

支援img













【支援し続けること】
ボーイスカウトの有志で東日本大震災の子どもたちへ支援し続けている活動です。

Messengers of Peace です。

http://www.bskanagawa-kenoh.org/14_sien/

「Creating a Better World(より良い世界を創る)」の趣旨のもと、ボーイスカウトの奉仕活動のひとつです。

赤い羽根共同募金活動もできることからです。
http://blog.goo.ne.jp/bsmatto/e/c84cd7649c835c27186b98038146e979

----------------------------------------------------------------
01実践躬行

子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」
協議会横バナ−

http://kidssmile.blog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile.blog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile.blog.jp/archives/65142342.html 

子どもたちの笑顔のためにできること。

こどもの笑顔のためにできること。

843_467733719970661_686413680_n





















フェイスブックページ「いいね!で救える小さな命(ポリオワクチン)」より、リンク転載。
【子どもたちから届いた素敵なお手紙】

東日本大震災支援「JCV 子どもの笑顔プロジェクト」(KSP)の支援活動として、先月「笑顔バス」で訪ねた福島県郡山市立乙高保育所の子どもたちから、支援のお礼にと、素敵なお手紙が届きました♪

子どもたちの笑顔や純粋な気持ちにはいつも、こちらが元気をもらっています!この時の活動の様子は、後日報告させていただきます。

(KSPの活動詳細はこちら)http://jcv-jp.org/ksp/

身近なエコキャップで、東日本大震災の子どもたちにも世界の子どもたちにも支援できます。

----------------------------------------------------------------
01実践躬行

子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」
協議会横バナ−

http://kidssmile-ouendan.doorblog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile-ouendan.doorblog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile-ouendan.doorblog.jp/archives/65142342.html 

感謝。礼には礼。子どもたちに教えたいことです。謝謝、台湾。



感謝。(Mr.サンデーより)
WBC台湾戦の奇跡。円陣お辞儀の秘密。

これいい話ですね。感動しました。シェアです。


********


今回のWBCには、その道程の中で決して忘れてはならない
魂のベストゲームが存在します。

それが今月8日に行われた日本×台湾戦でした。

9回2アウトまで追い込まれた日本の底力。
そして逆転劇。

しかし、土壇場で勝利を逃し落胆しているはずの台湾ナインですが、

試合後、地上波では放送されることのなかった
ある振る舞いで日本人を驚かせました。


なぜかマウンドで円陣になり、
スタンドに向かって深々と頭を下げる彼ら。


そして試合後に台湾のファンが掲げた旗には、

「日本おめでとう」の文字が。

その謙虚さと息をのむ光景に
何万人という日本人にが胸を熱くしました。


……


それは、まもなく震災から2年を迎える

今月6日のことでした。


一人の日本人がツイッターにこうつぶやきます。


「WBC、日本は初戦が台湾に決定。この試合を見に行かれる方、先般の東日本大震災への台湾からの多大な支援のお礼の横断幕やプラカードをお願いします。WBCを通じ、日本と台湾の信頼関係を深め、私達が本当に台湾に感謝している事を伝えて下さい」


台湾からの多大な支援。

そう、意外と知られていませんが、

先の震災で世界最多となる200億円を超える義援金と、
400トンを超える援助物資を送ってくれたのが

台湾だということ。

そればかりか、

震災の翌日に世界のどこよりも早く
救助隊を派遣してくれたのも、また台湾でした。


「そんな台湾にお礼をしよう。」

WBC日本台湾戦の2日前にそう呼びかけたツイッターは、
瞬く間に日本中に拡散しました。


そしてその展開は日本だけにとどまりませんでした。

台湾に感謝を示そうとした日本人の心が、

翌日には海を超え、
中国語に翻訳されて拡散され、

台湾の人をも動かし始めます。


台湾の街角でも、何人もの人が中国語に訳されたあのツイートを。


こうして広がっていったやりとりは、

台湾のマスコミにも取り上げられ、
多くのことに知られることになります。


ただ、この時すでに来日していた台湾選手たちは、
こうした盛り上がりを知りません。


……


彼らにとってWBCの日本戦はあまりに特別なもの。

台湾にとっての野球、
それは日本と切っても切れない縁で結ばれたスポーツです。


そもそも野球は日本が台湾を統治していた時代に
持ち込まれたものでした。

「職業棒球」と呼ばれる台湾のプロ野球チームは、現在4チーム。

監督やコーチ、選手など
実は、多くの日本人が台湾野球の発展に力を尽くしています。


そんな日本は台湾の野球人にとって

常にその背中を追いかけてきた父のような存在。


今や台湾で最も人気のあるスポーツとなり、
紙幣の絵柄にも採用されるほどになった野球というスポーツ。


今回のWBCも各地で大型のパブリックビューイングが催され、

2,300万人の人口の半数を超える
1,200万人が視聴しました。


国際映像で流れる東京ドームの映像は、

くしくも、

日本にとっては台湾に感謝を伝え、

台湾にとっては野球を教えてくれた日本と世界の舞台で戦える
最高のステージとなっていたのです。


……


試合当日、スタンドにはツイッターの呼びかけ通り、

「台湾に感謝」と書かれた色とりどりのプラカードが。


それが1枚や2枚ではありません。

プラカードの存在に球場で初めて気づいた台湾選手たち。


そんな中、始まった試合は、
まさにWBC史上に残る名勝負となります。


およそ一世紀という時間をかけ、
必死に追いかけてきた背中を越えようとする台湾と、

その前に立ちはだかる日本。


その名勝負は夜23時半を超えても決着がつかず、

いつしか敵と味方という立場も超えて、
球場を一つにし、東京ドームにはウェーブが起こります。


そして日本が1点ビハインドで迎えた9回2アウト。

日本がついに同点に追いつきます。


そして、次の10回表ついに日本が逆転。


その裏、最後にはまるで高校野球のような
ヘッドスライディングを見せる台湾選手。

しかし、追いかけてきた背中にあと一歩届きませんでした。


しかし、これで物語は終わりませんでした。


日本の地上波では放送されなかったシーンです。



喜びを爆発させる日本代表選手の後ろで、

ベンチを出て行く台湾代表選手たち。


彼らは全員でマウンドに向かうと、

360度、スタンドの全方向に深々と一礼をします。


「ホームグラウンドでもない私たちを
日本のファンは応援してくれる。…それに感謝したい」


その姿に観客から惜しみない拍手が贈られます。


「礼には礼でこたえる。」

そうやって互いにリスペクトする関係が築けたこと。
あの日私達はそんな幸せな光景を目の当たりにしました。

明日から12月。あなたがサンタさん。

01xmasmesseage


明日から12月です。

世界の子どもたちへ、東日本大震災の子どもたちにも。クリスマスはきます。

口出し手出し、お膳立てはやめましょうね。

演出補助のつもりで。

子どもたちがのびのび自由な発想でいいんですよ。

大人の自己満足の世界は、こどもの自発行為の芽を積んでいるんですよ。

Merry Christmas 恋人たちのクリスマス(マライアキャリー)




あなたがサンタさん。
http://economi.doorblog.jp/

01santa


----------------------------------------------------------------
子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」
協議会横バナ−

http://kidssmile-ouendan.doorblog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile-ouendan.doorblog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile-ouendan.doorblog.jp/archives/65142342.html 

こどもわくわく隊 参加者募集中!

CIMG9113


こどもの笑顔応援団「赤いキャップのこどもわくわく隊」

被災地のこども達に、歓声と笑顔を!

http://www.bskanagawa-kenoh.org/14_sien/index.html

11月16日(金)晩〜18日(日) 参加者募集中です。

特別な資格はいりません。子ども好き歓迎です。

東日本大震災の被災地石巻の子供達に、笑顔をプレゼントするプロジェクトです。

支援声援し続けることが大切です。

-----------------------------------------------------------
広報のカテゴリ記事
http://kidssmile-ouendan.doorblog.jp/archives/cat_60250082.html

子育てお手伝いのカテゴリ記事
http://kidssmile-ouendan.doorblog.jp/archives/cat_60243444.html

-----------------------------------------------------------
子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
子どもたちが、笑顔で育ってほしい。
あなたも「こどもの笑顔育成協議会」
協議会横バナ−

http://kidssmile-ouendan.doorblog.jp/archives/65674427.html

CIMG8438
http://kidssmile-ouendan.doorblog.jp/archives/65677614.html

いただいている【応援】Don't give up, Japan
できること【決意】Never give up (子どもたちに笑顔を)
http://kidssmile-ouendan.doorblog.jp/archives/65142342.html 

「こどもの笑顔応援団」から、あなたも「こどもの笑顔育成協議会」

これを読まれていらっしゃる方に、ご理解ご賛同をいただければ幸いです。また、ご賛同いただいている方にさらなるご理解を願うものです。

2009年ボーイスカウト応援団から、昨年2011年「こどもの笑顔応援団」。2012年さらなる活性化を目指し、再編して「こどもの笑顔育成協議会 for Kids Smile」として活動を進めてまいります。

協議会横バナ−
----------------------------------------------------------------
昔ボーイだったOBの皆さんも、保護者のみなさんも、子どもの笑顔大好きな方、集まりましょう!(-^〇^-)
2009年1月28日に、ボーイスカウト応援団として発足いたしました。
----------------------------------------------------------------
昭和58年度(1983年)には、331,985名の子供から大人の指導者が参加していました。
今現在、約14万人となり28年間で半分以下となっています。

 ボーイスカウトが危機?この動画の中で、子供から大人までインタビューに答えられているように「知らん!」
死語に近くなってきています。知られていないんです。

それは、何故なんでしょう?? 
少子化だから、他の子供の育成活動選択肢が増えたから。全て言い訳にしか過ぎません。

漫然と減少するのを殿様商売のように待って見ていても、増えません。アクションをキチンと起こす、魅力あるプログラム。そして広報する。普段の活動を知ってもらう、体験してもらうです。そのためには、大人がその意識で行動することです。他と比較されてもキチンとした活動をしていれば、魅力が生まれます。
部活が忙しいから?両立している所もいっぱいあります。
----------------------------------------------------------------
どの大人(あなたご自身)も子供の時代があったんですよね?
だから、大きく育って活躍されています。それは、ご両親のお陰、周りのかかわられた大人のお陰です。
感謝して、今のこどもに笑顔をあげてください。

ボーイスカウトは「こどもの笑顔」を引き出す活動です。レギュラーも補欠もありません。青少年の優れた人格を形成するのが目的です。結果、笑顔になる。

東日本大震災では、多くの子供たちが笑顔を失いました。ボーイスカウト応援団から、「こどもの笑顔応援団」と名称も変更して、支援、応援、声援とできることをしております。具体的な行動としては、ボーイスカウトの有志と一般の方で被災地の子供たちを慰問しております。こどもの笑顔応援団「こどもわくわく隊」です。神奈川県央地区が中心となり近県の仲間、現地の仲間と活動されています。http://blog.goo.ne.jp/fkd5155

(下左動画)ボーイスカウトの仲間からは声援、YouTubeにアップした賛同の仲間たちが、募金活動、またメッセージを送っています。 (下右動画)一般の方に呼びかけて「こどもの笑顔で元気に」というので多くのお子さん、子供たちの画像が寄せられました。
 

Facebookでは、一般の方々の多くの賛同をいただいております。https://www.facebook.com/groups/KidsSmleSupport/ また、PICBADGESでも趣意にご賛同をいただいて、「LIKE」と関心をお持ちの方も5000名弱と増えてきております。http://www.picbadges.com/for-kids-smile/1586692/

ボーイスカウト応援団から「こどもの笑顔応援団」に震災以後変更して、さらに賛同者の方が増えてきております。多くの方々に支えられての活動です。http://kidssmile-ouendan.doorblog.jp/archives/65523649.html
----------------------------------------------------------------

2009年に作成したバナーを大幅に変更いたします。以下の新アイテム内容です。
新たにこどもの笑顔を応援するキャラクター「オーエンくん」も加え、もっと親しんでいただくものです。

オーエンくんキャラ。

オーエンくんは、「こどもの笑顔」を育成して見守る印!

大人が率先して、応援すること。先人の思いを忘れないためのハット。

多きな目は、眼開いて見極める。

猛禽類に象徴される、勇敢、子どもたちが大きく育って

羽ばたいて飛び立つの見守るのを表しています。

子どもたちのため for Kids Smile


基本的な考えは、こちらに記載しているとおりです。ご一読ください。
http://kidssmile-ouendan.doorblog.jp/archives/65142342.html

オーエンします


nevergiveupリボン2 わしエンボス greenribon-y わし金


【お願いと注意】
多くの皆さんに、応援と支援の「結束の輪」を広めて欲しい、誤用を避けたいからお願いです。
おおいに使っていただきたい!みんなでがんばって応援したいんです。
だから、
転記、転用される方は、上記画像と一緒にキチンと趣意をお伝え、もしくは明記ください。広げましょう応援、結束の輪!

単なるファッション、格好ではありません。営利目的または、無断使用は著作権法に触れます。

また、HPなどで言葉だけで支援では寂しいから、カット挿絵に使うものではありません!

フリー素材感覚の扱いもお止めください。
リンク先は、http://blog.livedoor.jp/urusaiossan/archives/65142342.html
多くの賛同をいただくためです。他へのリンクはお止めください。

以上をお守りください。お守りいただけない場合は、法的措置を取らせていただきます

【ご案内】
オーエンくんの育成オーナーhttp://kidssmile-ouendan.doorblog.jp/archives/65653988.htmlがございます。

支援、声援、応援し続けること。できること。

c4b5fee785cc228d6af402cd0940270f


赤いキャップのこどもの笑顔応援団「こどもわくわく隊」が第8回目の慰問活動に行っています。

http://blog.goo.ne.jp/fkd5155

419800_403263733032798_100000475234314_1553910_813652354_n

東日本大震災の震から1年。国内外からの暖かい声援と共に被災地の復興支援を目指して、募金活動を行いました。(サイトからの説明文)

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=403263733032798&set=a.180588621966978.49436.100000475234314&type=1&theater

http://www1.c3-net.ne.jp/bsy87/Y87/2012/2012_0311/Y87_2012_0311.html

赤いキャップのこどもわくわく隊 活動4

グリーンリボン ボーイスカウト応援団 赤いキャップのこどもわくわく隊、被災現地の三日目活動様子です。
県央わくわく隊よりhttp://blog.goo.ne.jp/fkd5155

活動の様子が、産経ニュースに載っていました。
trd11043020380007-p3

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110430/trd11043020380007-n1.htm

宮城県石巻フットサルコートが会場です。朝からあいにくの雨です。
わくわく隊3-1

子どもたちに笑顔をプレゼントするために、準備です。小雨の中集まってくれた子どもたちに笑顔が見られます。
わくわく隊3-2

いろいろなゲームで遊んでくれています。
わくわく隊3-3

子どもたちに笑顔を贈って、子どもたちから笑顔をもらっていい顔をされています。
わくわく隊3-4


萌黄色に託した復興支援のグリーンリボン
「グリーンリボン救援作戦」
Green ribbon rescue operation

萌黄色の新芽が出るように、復興の芽を出すお手伝い。

それは、子どもの笑顔から。
それが、私たちの使命。
続きを読む

赤いキャップのこどもわくわく隊 活動3

グリーンリボン ボーイスカウト応援団 赤いキャップのこどもわくわく隊、被災現地の二日目活動様子です。
県央わくわく隊よりhttp://blog.goo.ne.jp/fkd5155

会場になるショッピングセンターの駐車場跡地、建物の外側は残ってますが、写真を良く見てもらうと中は津波による破壊と瓦礫の爪痕が残ってます。
会場の整地、こどもに遊んでもらうための各コーナーの準備。

わくわく会場 会場整地 会場準備2

甘いものでの笑顔の準備、各コーナーの準備。
ポップコーンコーナー 白玉準備 会場準備3

受付も準備OK。こどもたちが集まり始めました。
わくわく隊受付 会場コーナー 会場受付


萌黄色に託した復興支援のグリーンリボン
「グリーンリボン救援作戦」
Green ribbon rescue operation

萌黄色の新芽が出るように、復興の芽を出すお手伝い。

それは、子どもの笑顔から。
それが、私たちの使命。


 
続きを読む

赤いキャップのこどもわくわく隊 活動2

早朝から、子どもたちに笑顔を贈るためにお汁粉の白玉作り。
朝食をとって出発です。
2日目朝2 2日目朝 わくわく隊朝食風景

画像は現地よりアップされたものです。

県央わくわく隊よりhttp://blog.goo.ne.jp/fkd5155
すすむさんのブログhttp://blogs.yahoo.co.jp/sus_umu/64405600.html http://blogs.yahoo.co.jp/sus_umu/64414192.html
活動こどもと 集合写真


特定の子どものためではありません。

被災地の子どもたちに、日本の子どもたち全員の笑顔のためです。
-------------------------------------------------------------------------------
ご賛同の方たち(HP、ブログでのリンク)
http://blog.livedoor.jp/urusaiossan/archives/65523649.html
こども笑顔缶バッチ5

-------------------------------------------------------------------------------
東日本大震災支援全国ネットワーク
http://www.jpn-civil.net/

「助け合いジャパン」http://tasukeaijapan.jp/
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
http://www.saigaivc.com/
「災害救援団体」 http://blog.livedoor.jp/urusaiossan/archives/65512648.html

赤いキャップのこどもわくわく隊 活動1

グリーンリボン ボーイスカウト応援団 こどもわくわく隊、現地の活動様子です。大繁盛と書かれています。http://blog.goo.ne.jp/fkd5155
写真にたい焼き奉仕隊ののぼり旗も写っています。合流されたと思います。

わくわく隊活動1 わくわく隊活動2 わくわく隊活動3

わくわく隊活動4 こどもわくわく隊1隊


こどもたちに笑顔をプレゼントして、お礼に笑顔をもらってます。


「子どもたちに笑顔を」
両手両足がなくても笑顔をさし上げることが出来る。
感動を与えることが出来る。(大石順教尼)

萌黄色に託した復興支援のグリーンリボン
「グリーンリボン救援作戦」
Green ribbon rescue operation

萌黄色の新芽が出るように、復興の芽を出すお手伝い。

それは、子どもの笑顔から。
それが、私たちの使命。


続きはこちら続きを読む

赤いキャップのこどもわくわく隊 出動

わくわく隊集合3 わくわく隊集合2 わくわく隊集合1

グリーンリボン ボーイスカウト応援団 赤いキャップのこどもわくわく隊、昨夜、出発して宮城県へ

地域を越え、県、地区、団、職業も千差万別の熱い血潮の思いも決意も皆同じ仲間が、

被災地の子どもたちの笑顔のために結集して、今向かっています。

皆さんからのご声援、応援も一緒にお届けします。

活動内容は、
・長引く避難所生活で溜まった子供達のストレスを発散させる(日中のみ)
・子供を一時的に預かることで保護者のストレスを軽減させる(日中のみ)
・温かく甘い物を提供する(一日中)
・実施後も遊んで貰えるおもちゃやアナログゲーム等を参加賞、賞品として配布する
・楽器や譜面を持ち込み、みんなで歌えるような機会を提供する(日没後、雨天時等)


「子どもたちに笑顔を」
両手両足がなくても笑顔をさし上げることが出来る。
感動を与えることが出来る。(大石順教尼)

萌黄色に託した復興支援のグリーンリボン


続きはこちら続きを読む

届け子どもたちから、子どもたちへ

こども笑顔缶バッチ5


ご賛同の皆さんから、寄せられた声援と募金での応援の写真です。
声援1 声援2

声援8 声援9

これをラミネートして、ボーイスカウトこどもわくわく隊に託しました。被災地での活動で展示していただきます。
離れていても皆さんの側に、声援と応援の気持ちを届けたい。決してあきらめないでくださいという願いです。

続きはこちらを

続きを読む

グリーンリボン「子どもたちに笑顔を」支援活動チャリティープロジェクト

制作見本 akacap2見本 わくわく缶バッチ見本


支援活動チャリティープロジェクト
復興支援のデザインを提供させていただいております。

震災復興支援「子どもたちに笑顔を」を皆さんで支援していただけるようにと考えられたアイテムです。

チャリティーアイテム制作のアンケートを作成いたしました。

ご支援のしるしを形に表してみました。

缶バッチなど着けることでの復興支援の意識を高めましょう。

風化させないためにも。
------------------------------------------
質問1:アイテムは何がいいですか?
□Kids Smile SUPPORTワッペン(11×5.5センチ)
□オーエンくんワッペン(8センチ)
□グリーンリボン缶バッチ(3.2センチ)
□わくわく隊缶バッチ(3.2センチ)
□グリーンリボンシール(缶バッチと同様デザイン、サイズは未定)
□キャップ(キャップとご要望の多い方のワッペン)Fサイズ60センチ ポリエステル65%綿35%

質問2:数量はいくつぐらい希望ですか?
 希望アイテムと希望数量

質問3:チャリティー委託販売は可能ですか?
ワッペン20個単位ぐらい、キャップ5個単位、缶バッチ100個単位
シールは、ワンシート10個ワンシートで、10シート単位を予定。

質問4:代金は、銀行振り込先払いです。

質問5:チャリティー価格は、
□Kids Smile SUPPORTワッペン(11×5.5センチ)・・・・840円
□オーエンくんワッペン(8センチ)・・・・・・・・・・・・・・・・・840円
□グリーンリボン缶バッチ(3.2センチ)・・・・・・・・・・・・・・150円
□わくわく隊缶バッチ(3.2センチ)・・・・・・・・・・・・・・・・110円
□グリーンリボンシール(缶バッチと同様デザイン、サイズは未定)未定
□キャップ(キャップとご要望の多い方のワッペン)・・・・・・・・・・・・・・・・・1800円

以上を予定しています。

アンケート回答は、コメント欄またはメール urusaiossan@livedoor.comまでにお書きください。

希望アイテムをお聞きして、作成の準備をしたいと思います。

最低制作ロットは、

□Kids Smile SUPPORTワッペン(11×5.5センチ)・・・・100枚
□オーエンくんワッペン(8センチ)・・・・・・・・・・・・・・・・・100枚
□グリーンリボン缶バッチ(3.2センチ)・・・・・・・・・・・・・・1000個
□わくわく隊缶バッチ(3.2センチ)・・・・・・・・・・・・・・・・1000個
□グリーンリボンシール(缶バッチと同様デザイン、サイズは未定)未定
□キャップ(キャップとご要望の多い方のワッペン。)・・・・・・・・・・・・・・・・・50個


数量も多く作りたいと思います。

上記数量が最低制作数です。

予約数量の多いアイテムからの製作となります。


また、原材料を引いた売上金は、東日本大震災「子どもたちに笑顔を」の活動資金といたします。
子どもたちへの支援物資の購入、こどもわくわく隊などへ活動資金などです。

ご賛同のほど、宜しくお願い申し上げます。
-----------------------------------------------------------
こども笑顔缶バッチwakuwaku3neverbaner


画像(左)グリーンリボンの趣意。
画像(中)県連、地区、団の枠を越えて、現地で、被災地の子どもたちと遊んでいただける方など募集されております。
画像(右)ご賛同の皆さん。
------------------------------------------------------------
「助け合いジャパン」「各県の被害・復旧状況」で青森、岩手、宮城、福島、茨城、千葉とわかりやすく分類されております。
http://tasukeaijapan.jp/

東日本大震災支援全国ネットワーク
338団体と大きくなっています。
http://www.jpn-civil.net/
------------------------------------------------------------




防災ボランティア情報

こども笑顔缶バッチwakuwaku3neverbaner


画像(左)グリーンリボンの趣意。
画像(中)県連、地区、団の枠を越えて、現地で、被災地の子どもたちと遊んでいただける方など募集されております。
画像(右)ご賛同の皆さん。
------------------------------------------------------------
今ここで再確認です。

防災ボランティアの情報・ヒント
http://www.bousai-vol.go.jp/hint/index.html
防災ボランティアのお作法集
http://www.bousai-vol.go.jp/kihan/index.html
ボランティアべからず
http://www.bousai-vol.go.jp/kihan/051106osahou_iken3.pdf
------------------------------------------------------------
東日本大震災支援全国ネットワーク
http://www.jpn-civil.net/

全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
http://www.saigaivc.com/
「災害救援団体」 http://blog.livedoor.jp/urusaiossan/archives/65512648.html

【要確認】災害時情報共有サービス/通行実績情報 車で現地へ向かう方のために
http://blog.livedoor.jp/urusaiossan/archives/65516258.html


グリーンリボン支援作戦「こどもわくわく隊」

こども笑顔缶バッチwakuwaku3

「子どもたちに笑顔を」の趣意賛同をいただき、被災地での子どもたちに支援活動が始動します。
グリーンリボン支援作戦「こどもわくわく隊」です。
神奈川連盟 県央地区 災害支援チームです。
第1弾として、4/29〜5/1、5/3〜5/5の2回行われます。
県連、地区、団の枠を越えて、現地で、被災地の子どもたちと遊んでいただける方など募集されております。
詳しくはhttp://www.bskanagawa-kenoh.org/cgi/b14_sien/img/27_1.docこちらをご覧ください。

「子どもたちに笑顔を」
両手両足がなくても笑顔をさし上げることが出来る。
感動を与えることが出来る。(大石順教尼)

萌黄色に託した復興支援のグリーンリボン

「グリーンリボン救援作戦」
Green ribbon rescue operation

萌黄色の新芽が出るように、復興の芽を出すお手伝い。

それは、子どもの笑顔から。
それが、私たちの使命。

特定の子どものためではありません。

日本の子どもたち全員のためです。
---------------------------------------
ご賛同の方たち(HP、ブログでのリンク)
http://blog.livedoor.jp/urusaiossan/archives/65523649.html
---------------------------------------
東日本大震災支援全国ネットワーク
http://www.jpn-civil.net/

全国の被災者受け入れ自治体リスト
http://d.hatena.ne.jp/kizuna311/

「災害救援団体」 http://blog.livedoor.jp/urusaiossan/archives/65512648.html
買いだめ、買占めしないで、みんなで力をあわせることが大切です。

今できること刻々と変わる状況です。思い込みや、勝手な判断はやめましょう。
http://blog.livedoor.jp/urusaiossan/archives/65519383.html

【要確認】災害時情報共有サービス/通行実績情報 車で現地へ向かう方のために
http://blog.livedoor.jp/urusaiossan/archives/65516258.html
--------------------------------------------------------



【東日本大震災】1ヶ月 黙祷。

子ども笑顔応援リボンこども笑顔缶バッチ


‎1ヶ月前、2011年(平成23年)3月11日14時46分18秒発生。

謹んで謹んで被災にあわれた皆様にお見舞い申し上げます。

また、東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

黙祷。。。
--------------------------------------------------
一人でも多くの「子どもたちに笑顔を」
ご賛同のほど、宜しくお願い申し上げます。
http://blog.livedoor.jp/urusaiossan/archives/65142342.html

【東日本大震災】子どもたちに笑顔を

笑顔P新芽


子どもの育成団体です。

今、萌黄色に託した復興支援のグリーンリボン

「グリーンリボン救援作戦」
Green ribbon rescue operation

萌黄色の新芽が出るように、復興の芽を出すお手伝い。

それは、子どもの笑顔から。
それが、私たちの使命。

ボーイスカウト応援団 加賀の国
変更リボンだ


以上の考えから変更いたします。

特定の子どものためではありません。

日本の子どもたち全員のためです。
---------------------------------------
ご賛同の方たち(HP、ブログでのリンク)
http://blog.livedoor.jp/urusaiossan/archives/65523649.html
---------------------------------------
「子どもたちに笑顔を」
両手両足がなくても笑顔をさし上げることが出来る。
感動を与えることが出来る。(大石順教尼)
記事検索
Twitter
おすすめ
あなたも「こどもの笑顔育成協議会 for Kids Smile」!私はこどもの笑顔を応援します。ご賛同の方は、バナーをクリックして「こどもの笑顔育成協議会 for Kids Smile」の記事をご覧ください。全国草の根出来ることから運動です。
こどもの笑顔育成協議会



ご賛同の方たちリンクリスト
こども笑顔缶バッチ6<br>




ボーイスカウト松任第1団
石川県連情報


ご訪問のあしあとにクリックをお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 子育て支援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 地域活動へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ ボーイスカウトへ
にほんブログ村


http://www.picbadges.com/badge/1716252/ こどもの笑顔応援、続けること。

身近なエコ活動。そしてこどもの笑顔へ。
01f回収場所



カテゴリー別記事
mybnr-music

mybnr-watch

mybnr-thing

mybnr-boy

mybnr-nature

mybnr-shumi

mybnr-flower

mybnr-own

mybnr-doraku
blogram
blogram投票ボタン
今日はお天気?
コメントありがとうございます
携帯からQRコード
QRコード
livedoor×FLO:Q パック

  • ライブドアブログ